「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
欧米人は簡単には「イエス」と言わないルールと文化を育ててきた  第 681 号

欧米人は簡単には「イエス」と言わないルールと文化を育ててきた 第 681 号

 ビジネス社会では、異文化という壁に直面する ことも少なくありません。  日本経済界の重鎮・牛尾治朗さんの「日本の イエスとアメリカのノー」という文章は 示唆に富んでいます。 ───────「今日の注目の人」─── 牛尾 治朗(ウシオ電機会長)     ───────────────────  海外との交流が盛んになるにつれ、日本の文化 と、事実...

続きを読む

正しい歩き方.前から見て一線をはさむように足を出す  第 680 号

正しい歩き方.前から見て一線をはさむように足を出す 第 680 号

こんにちは、 岡田です。 正しい歩行の基準は、 健康にどれだけ役立つか。 1.ゆがみのない柔軟な体を作る 2.理にかなった姿勢で40分間歩く 3.週3回は歩く習慣を身に着ける 「歩行整体メソッド」がこれを実現させます。 ブログに参考写真があるので、 分かりずらい場合は参考にしてください。 今回は正しい歩き方の最終回、 それではいきましょう。 ...

続きを読む

北朝鮮の将来.次の指導者を占う欠かせない要素(金王朝の女性)    第 679 号

北朝鮮の将来.次の指導者を占う欠かせない要素(金王朝の女性) 第 679 号

 金正恩を取り巻く女性たちの暮らしぶり、 生き様、権力闘争を研究することに よって、金王朝の謎が見えてくる。  権力者として台頭する異母姉妹・金雪松と金与正、 第一夫人の李雪主、金正男の母・成蕙琳、金正恩 の母・高英姫、急速に力を失いつつある金敬姫……。  嫉妬、マザコン、不倫、隠し子、淫乱、正妻と妾…… 韓流ドラマより刺激的な実話。  核といえば、北朝鮮には核兵器のボ...

続きを読む

一歩一歩進めば.いつの間にか上まで辿り着いている    第 678 号

一歩一歩進めば.いつの間にか上まで辿り着いている 第 678 号

 西洋に禅を伝えた鈴木大拙という人がいます。  その大拙氏に長く仕えた岡村美穂子さんに 大拙氏の教えを語っていただきました。  対談のお相手は、京都大学名誉教授 の上田閑照さんです。 ───────「今日の注目の人」─── 岡村 美穂子(大谷大学元講師)    × 上田 閑照(京都大学名誉教授) ─────────────────── ...

続きを読む

北にとって重要な国や地域ほど若い番号が振られている  第 677 号

北にとって重要な国や地域ほど若い番号が振られている 第 677 号

 「いつでも核を撃てる」核大国化の一方で当局も 手を焼く不正・賄賂・麻薬。  荒廃する北朝鮮社会と、それでもしたたかに 生きる人々を活写する。  トランプ大統領はいったん自分が考えたとおり の展開にならないとみるや、強引に相手 を屈服させようともする。  その場合、北朝鮮を待っているのは、これまで に経験したことのないような強力な経済や軍事 措置を織り交ぜた制裁かもしれな...

続きを読む

人間同士の信頼関係+協力関係=システム開発の信頼性に影響する  第 676 号

人間同士の信頼関係+協力関係=システム開発の信頼性に影響する 第 676 号

 電卓すらない環境で、みどりの窓口「マルス システム」はこうして作られた。  本書はJRの「みどりの窓口」の情報システム 『マルス』に関する開発プロジェクトを ストーリー仕立てで追ってみるものだ。  マルス1は、1957年に検討が開始され、日本初 の鉄道用座席予約システムとして誕生した。  それから50年以上たった現在、マルス501 として稼動を続けている。  こ...

続きを読む

生きているからこそ敬意を払われる人になる様に努める  第 675 号

生きているからこそ敬意を払われる人になる様に努める 第 675 号

 明治期、貧しい人々の救済や女子教育の 充実に尽力された昭憲皇太后。  その足跡を顕彰するお二人が、これからの日本 のあり方についてお話しされています。 ───────「今日の注目の人」─── 近衛・日本赤十字社社長     × 西園寺・五井平和財団会長 ─────────────────── 【西園寺】  いまの社会を見ますと、学問や知...

続きを読む

植民地時代の亡霊たちから民衆の手に国を取り戻したい  第 674 号

植民地時代の亡霊たちから民衆の手に国を取り戻したい 第 674 号

 サンバで踊り、カーニバルに舞う…FIFAワールド カップ開催で踊り、リオ五輪開催決定に舞う… 経済発展で踊り、政治と社会の変化に舞う…。  私たち日本人にとっては、地球の裏側の国ブラジル。  サッカー、コーヒー、アマゾン川、日系移民… さまざまなイメージはあるのに実体をつかみ にくい南米の大国の、真の姿に迫る!  サンバの奇跡。  ブラジルといえば真っ先にイメージ...

続きを読む

おなじ儀式を体験したもの同士の心理的な結束は強い  第 673 号

おなじ儀式を体験したもの同士の心理的な結束は強い 第 673 号

 <日本は戦争に負けていない>-ブラジル日系 移民社会を二分した「勝ち組負け組」事件。  勝ち組は狂信的なテロリストという 定説は本当なのか! ?  一方的に狂信者、テロリストと決めつけられ、 抹殺された人々の声を掘り起こし、移民とは、 ナショナリズムとはなにかを問う、邦字 新聞記者の、日本近代史のミッシングリングに 挑む渾身のルポルタージュ!  「日本人...

続きを読む

学び続けなければ患者さんを救えません  第 672 号

学び続けなければ患者さんを救えません 第 672 号

 肝臓外科の世界的権威として知られ、70歳を 越えたいまも、患者さんを救うために 執刀を続ける幕内雅敏さん。  そのお話から、仕事に徹しきって こられたことが伝わってきます。 ───────「今日の注目の人」─── 幕内 雅敏(外科医)     ─────────────────── ──幕内先生は今年3月末まで院長を務められて いた日本赤十字社...

続きを読む

スポンサードリンク