「世界をつなげる魔法は何ですか?」 「感動じゃよ」 第 829 号

 絵本作家としても活躍中のキング

コング・西野亮廣。

 クラウドファンディングで531万1000円

の資金を集めNYで原画展を成功させる

までの軌跡と1枚の絵が完成するまで

の一部始終を公開します。

 夢を叶えるヒントが詰まっています。

 「お前、絵を描けよ」ニューヨークでの原

画展開催へ続くこととなる僕の活動は、タ

モリさんのその一言から始まりました。

 銀座の地下にある薄暗いBARに呼び

出されて、2人でちびちびと飲んで

いたときに突然言われた。

 僕たちは、「子供が興奮する絵本は、

たしかな作り手が興奮する絵本だ」

と結論した。

 気がつけば話題は「絵本作り」

に変わっていた。

 「タモリさん。僕、物語を考えるのは

好きですね」「だったら、絵本は?」

「あ、いいかもですね」

 今回のニューヨークでの原画展開催は、僕の

中では「芸人」の所業ど真ん中ストレート。

だってドキドキする。

 ウォルト・ディズニーが30歳そこそこで

ミッキーマウスを生んだという事実に

本気で焦りを覚えた。

彼には負けられない。

 ニューヨークの原画展の運営資金は

クラウドファンディングで集める

ことになった。

 しかも2週間で150万円を集め、その1週間

後には原画展開催というハチャメチャな

スケジュールだ。

 仕事がなければ、時間がある。

 金がなければ、覚悟がある。

 美貌がなければ、笑いがある。

 となかくアタシャにゃ、何かある。

 ニューヨークの原画展の集客でやった

のは、大衆に向けた告知ではなく、

1対1での告知作戦。

 ツイッターでニューヨークに関して

呟いている人を検索し、ニューヨー

ク在住の日本人に片っ端から

声を掛けていった。

 「突然のツイート、お許しください。

 私は日本でお笑い芸人をやっている

キングコングの西野と申します。

 マンハッタンのギャラリーで

原画展をやります。

 お時間あれば是非お越しください」

 関係者、一般の方問わず、一人ひとりにこう

いったメッセージを送らせていただいた。

 営業メールの嵐。

 ニューヨーク行きが決まってから、

寝ても覚めても営業メール。

 そんな調子で数百人に声を掛けて、やり

とりの中で「何かお手伝いしましょう

か?」という言葉をかけていただいた。

 絵本『オルゴールワールド』のなかで、

若者と長老のこんなやりとりがある。

「世界をつなげる魔法は何ですか?」

「感動じゃよ」

 僕は芸人、河原乞食。

 さらに独身。

 もともと何もない男ですから、打席

に立ったらフルスイング。

 最後は、僕の次なる目標をお伝えしたい。

 ディズニーで映画を撮っちゃうわん。

 西野亮廣

  『嫌われ西野、ニューヨークへ行く』

    の詳細,amazon購入はこちら↓

      http://amzn.to/1Tkp9Al

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください