「困った時は大自然を見てごらん」と『易経』は語りかけている = 2-1 = 第1,134号

 いまから約5,000年前に中国で生まれた、

 世界最古の書物『易経(えききょう)』。

 時代や環境が変化していく中で起こる、

あらゆる出来事の解決策になる知恵が

記され、孔子や孫子から、当代の指

導者層まで、多くのリーダーたち

がバイブルとしたとしてきました。

 そんな書物を大人だけでなく、子供にも

役立ててほしいと、『易経』研究の第一

人者である竹村亞希子さんと都築

佳つ良さんが筆を執り、「こど

も訳」を試みたのが本書です。

 「勉強が好きになるには?」「友達が

できない……」「なんで苦労しな

くちゃいけない?」。

 人間関係のトラブルや挫折、恋愛など、

生きていれば多くの人がぶつかる人

生の悩みに、『易経』は明快

に解決策を示します。

 そして時の変化とともに、自分自身を

努力によって成長させていきな

さいと説くのです。

 「『易経』の知恵は、さまざまな場面で

どのように考え、いま、何をすべき

なのかを判断するためのヒン

トになるでしょう」と竹村さん。

 各ページにはかわいらしい

イラストも併載。

 将来にわたって子供たちの人生

を支える宝物となるはずです。

 お子様へのプレゼントにはもちろん、

初めて『易経』を学ぶ方にもぜひ

おすすめしたい一冊です。

【特設ページができました!マンガ

もぜひご覧ください】

 著者の竹村亞希子さんと、都築佳つ良

さんに読者の皆さまに向けてメッ

セージをいただきました

ので、ご一読ください。

…………………………………………
 子供たちが自ら『易経』を読んで、

解決策をつかんでほしい
…………………………………………

 『易経』は世界で最も古く、古典の中

でも読み解くのが難解な書物

とされています。

 でもそれを覆すような超訳・意訳で子供

たちに伝わる『易経』を書いてみたい!

 その思いから『こどものための

易経』作りが始まりました。

 生きていれば、必ず巡り合う人生

の悩みに、先人たちは素晴らしい

知恵の宝箱を残してくれました。

【致知オンラインショップで先行予約

受付中/送料無料】

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください