「無心に近づくほど」そこに神さまが入ってくる 第1,575号

 特別な人だけが知っていた「秘密」が、オー

プンになるときがきました。神社の神さま

は、世の中をよりよくする「成功して

いく人」を増やすためにいま、大

きく動き出しています。

 さあ、あなたも世の中をよくする成功者への

お役目を一緒にしていきませんか? じつは、

神社は日本古来の願いをかなえる「シス

テム」だったのです。

 いままで、誰もが知っている「成功者」

「天下人」は、そのシステムを活用し、

神さまのバックアップをえて、たし

かな活躍をしてきました。

 著者の八木龍平さんは、「リュウ博士」として

人気のブロガーですが、科学者(英語でPh.D.と

よばれる博士)でもあり、さらに霊能力者

でもあります。そんなリュウ博士が、

神社の神さまの正体や願いがかな

う「スキマの法則」など、神社

の「見えない仕組み」を科学

者の視点と霊能者の視点

から、わかりやすくおもしろく解説します。

 昔から日本の多くの成功者は、神社を「特別

な場所」だと知って参拝してきた。

 「天下を取った人」は、必ずといっていい

ほど特定の神社を信仰している。

 2000年以上前から、歴代の皇族は日本各地の

神社を参拝してきた。なぜ天皇家は、世界で

もっとも長続きしているのか。その答えは、

神社をつくり、お祭りをしてきたから。

 平清盛は「厳島神社」に参拝し、

平家の天下を実現した。

 源頼朝は、伊豆にいたころ、「箱根神社」

「伊豆山神社」に繰り返し参拝した。

 足利尊氏は福岡の「宗像大社」

「香椎宮」の力を借りた。

 豊臣秀吉は、滋賀の「日吉大社」

「竹生島神社」

 徳川家康は、日本史上もっとも戦略的

に神社を活用した人物だ。

 松下電器の松下幸之助は、社内の

あちこちに神社をつくった。

 出光興産を創業した出光佐三は、生涯にわた

って「宗像大社」をあつく信仰した。

 西武グループの創業者、堤康次郎は、箱根

「九頭龍(くずりゅう)神社」

「箱根神社」である。

 神社は、「みんなで成功するところ」。

 神さまとの交流は、「スキマをつくること」

がポイント。雑念や頼みごとがいっぱいだ

とスキマがない。「無心に近づくほど」

そこに神さまが入ってくる。

 神社で祈ることで、僕たちはいつでも神さま

とつながり、あの世の意思をこの世につな

いできた。これは皇族のような特別な

人たちだけの役割ではない。

 神社での祈りこそが、日本に古くから伝わ

る「行為の中に埋め込まれた知恵」で

あり、日本版ザ・シークッレット

「スキマの法則」だ。

 八木龍平『成功している人は、

     なぜ神社に行くのか?』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2qwuAbl

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください