「生きる意味」とは何か.そのことを真摯に問う 第 1,851 号

3歳で右目を、9歳で左目を失明、
14歳で右耳を、18歳で左耳を失聴し、
光と音の世界を喪失した福島智さん。


「私はいきなり自分が地球上から引きはがされ、
 この空間に投げ込まれたように感じた。

 自分一人が空間のすべてを覆い尽くしてしま
 うような、狭くて暗く静かな『世界』。

 ここはどこだろう。
(中略)
 私は限定のない暗黒の中で呻吟していた」


当時、最も苦しまれていた時期の
福島さんが吐露した言葉です。


そこから長い長い時間をかけて、
自ら生きる意味を問い、
幸せの在処を探し求めた福島さん。



本講演録では、

視力聴力を失っていく上で、
自分の周りが消えていく恐怖感との闘い

海に沈むような感覚から
脱しようともがいていた頃のこと

どんな苦しいことにも
何か意味があるのかもしれないと
思えたある日の出来事

福島さんを支えた友人のひと言

など、人生の浮沈をつまびらかに、
時にユーモアを交えて語られています。



「生きる意味」とは、何か。


そのことを、真摯に問う
心に迫る感動の講演録です。



───────────────────
● DVD「ぼくの命は言葉とともにある」●
───────────────────

講師:福島 智

収録時間/53分 定価=5,800円+税

ご購入はこちらから

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください