あなたの優しい気持ちその人のことを思う誠意の心の波動が相手に伝わります = 2-1 = 第1,295号

 独自の右脳開発法を研究・実践してきた。能力主義

が当たり前になった日本のビジネス社会ライバル

に差をつけるには眠った能力を引き出す七田式

右脳開発法をおいてほかにない。ビジネス

交渉、会議でのプレゼン、部下のマネジ

メントなど、ビジネスシーンに応

じたイメージトレーニング法を一挙公開。

 丹田呼吸を8時間続けて行うと終わった後の体の

爽快感は筆舌に尽くしがたいものがある。「頭の

なかに風が吹いた様に爽やかで、すべてが

明晰になり、記憶力もよくなり、腸の

調子もよく、体は飛ぶように軽く

なった」と8時間丹田呼吸法

の実践者、原久子さんは述べている。

昔、宮本武蔵が座禅して悟りを得ようとした

もの、丹田呼吸法によって悟りの境

地に到達しようと願ったから。

 音楽の指揮者の岩城宏之さんは、楽譜をひと目見て写真

記憶し、指揮中はいつも空間に見える楽譜を見て

ページをめくっているといわれる。

 アインシュタインは自分自身のことを「私は数学的な

法則を使う代わりに、視覚的なイメージや感情で物

事を考えている」といい、「私の科学的能力は、

直感からくるサインやイメージ、視覚、聴覚、

触覚などさまざまな感覚による『とらえ

どころのない遊び』により生まれた」と述べている。

 イメージを書き留める。レオナルド・ダビンチも、

スケッチや図、暗号でいっぱいの何巻にもわたる

ノートブックを残し、エジソンも300万枚にも

達するメモや手紙などを書いています。

 天才には2つの顕著な特徴があります。

1.瞑想する習慣がある。

2.折に触れて、ひらめいてくることを絶えず

メモに取る習慣がある。

毎日瞑想する。そうするとイメージが浮かんでくる、

ひらめいてくる。それをメモに取り続ける。この

習慣こそ、われわれが第一に身につけたい、

大切なことといえるでしょう。

天才と同じ脳の使い方に努めましょう。

 このように絶えずメモを取る人は100人に一人、つまり

1%だといわれている。そして天才の発生率も1%で

ある。『アインシュタイン・ファクター』を書い

たウィン・ウェンガーは、「不思議なことに、

世界の頂点に立った人たちはすべてこう

した1%のうちの1人なのです」と書いている。

 七田眞『右脳パワー・新仕事革命』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1DZ5Mck

 今回も最後までお読みくださり、

        ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください