うまくいっている人は.例外なく言葉に敏感である 第 948 号

 10年後に笑いたければ、「NGワード

を使わない」 ただ、それだけで良い!

 今から言い訳をやめよう。

 それが、あなたのサクセス

ストーリーの始まりだ。

 大器晩成の人たちというのは、それまで

の毎日が必死だったことを知ろう。

 本番で100の力を出すためには、普段

から200の力をつけておくことだ。

 結局、本番で失敗するのは準備不足

以外の理由はあり得ないことに

気づかされるのだ。

 緊張対策には、周囲が呆れ返るほど

の圧倒的な準備をしておこう。

 面白い挨拶はいつも短い。

 つまらない挨拶はいつも長い。

 イケている人になれば、イケている人

が磁石のように吸い寄せられる。

 本物のリーダーになりたかったら、

とことん人に使われておこう。

 忙しさは下っ端の証だ。

 さらにそれを自ら口にしてしまうという

ことは、生涯忙しいままでいるように

自らを洗脳しているようなものだ。

 貴族になりきって「いつでもどうぞ」

と言えるようになろう。

 30秒以内に結論と理由だけ伝え

て、時間泥棒をやめよう。

 「近いうちに食事でも」と声をかけられ

たら、目の前でペンと手帳を取り出し

てその場で決めてしまうことだ。

 言行一致させていくと、口数が少なく

なって行動力がついていく。

 「コーヒーでいい」ではなく、「コー

ヒーがいいです」というと、美味し

いコーヒーを入れてもらえる。

 コミュニケーションで、

返事や相槌は命だ。

 すべてのコミュニケーションにおいて、

返事は1回以外にあり得ない。

 「はい」は早く短く言って、

応援されやすくなろう。

 自己紹介は常に突然のご指名だと

考えて、毎日準備しておこう。

 「師匠の言ったことは、とりあえず

いったんすべて飲み込んでやろう」

という姿勢の人は伸びる。

 プロフェッショナルの

基準とは何だろう。

 それは逃げないことだ。

 責任とは逃げないことであり、逃げない

メンバーは誰だったのかを、確認する

ためのプロジェクトは存在するのだ。

 せめて話している時間は、目の前の

人を世界一大切な人として扱おう。

 成功者達の常識では、モタモタしたら

NO!ということを知っておこう。

 仕事の能力は、名刺交換の瞬間に、

すべて露呈されると考えておこう。

 自分の足で1次情報を獲得し、収入

とポジションをゲットしよう。

 人生で最高の幸せは、自分は天才だと

思い込んだまま死んでいくことだ。

 うまくいっている人は、例外

なく言葉に敏感である。

 さあ、たった今から

使う言葉を変えよう。

 千田琢哉『20代で使ってはいけない

             100の言葉』

   の詳細,amaozn購入はこちら↓

    http://amzn.to/1qOJfrj

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.