お客さんに伝えたいこと.伝えたら喜ばれたことを考える 第 938 号

 1896年民法制定以来、112年ぶりの

公益法人制度改革で、あなたのビジ

ネスにも優良顧客を一気につくり

出すチャンス! いま、業界の

垣根を越えて、新しい

ムーブメントが起ころうとしています。

 一気に業界トップに舞い降りる!

インストラクター事業。

 いままで封印されたノウハウが、

はじめて明らかとなる。

 本書内容を十分理解・実践すれば、事業

安定的に成長させられるだけではなく、

社会的に非常に大きな影響力を持つ

ことは間違いありません。

 ぜひ「利益の先に、何があるか」

を感じてください。

 そして、事業を通して成し遂げられる、

社会貢献の具体的ビジョンが見えて

いる方・見ようとされる方のみ、

本書をご活用いただく

ようにお願いします。

 ほとんどの商品、サービスが、コンテンツ

産業・教育産業化していく時代になる。

 10年後にも定番と言われる

「教科書」をつくる。

 インストラクター事業のポイントは、

「先生」が「先生」をつくること。

 このときに基準となるのは、バラバラに

存在するコンテンツではなく、体系化

されたカリキュラムであり、

教科書である。

 アクセサリーの作り方では、最終的に

カリスマと呼ばれる8人の先生から聞

き出したテクニックを整理、体系

化して、64個の基本テクニック

としてまとめた。

 大切なのは、イベントに関わるすべて

の組織がウィンウィンの関係に

なることだ。

 自治体や企業とジョイントするときは

常に、どうしたら相手に手柄を与えて

あがられるか考えるべきだ。

 イベント会場は最高の営業拠点だ。

 イベントを開催する3つの目的がある。

1.先生のブランド化。

2.新規受講生の獲得。

3.官公庁・業界メーカーへのプレゼン。

 美術館で展示会を開くことで、先生の

アーティストとしてのポジションが

よりいっそう確立し、ブランド

化が進む効果がある。

 口コミの力。

 女性の口はテレビより強い。

 「群れる・語る・誘う」と

いう女性の習性。

 先生の動員力の大きさも、イベントでの

集客を成功させる大きな要因である。

 そのときに最もパワーを発揮するの

が、女性ならではの口コミの力だ。

 女性には、群れる、語る、誘うという

習性があり、それは自分の作品の

レベルによらず発揮される。

 作品の価値と集客力は比例する。

 誰でも指導できる教科書・指導

マニュアルは不可欠だ。

 認定講座をつくるためには、標準化

するという作業が必要だ。

 なかでも教科書をつくることは、

とても大切な作業となる。

 日本を変える、業界を変える、と

いう強い志を持った人が勝つ。

 インストラクター事業は自分のコンテン

ツを標準化できれば、教育事業で一気

に業界のトップに立つことができ

る、素晴らしいビジネスだ。

 いままで積み重ねてきた知識、スキル

をカリキュラム化することを

考えてください。

 お客さんに伝えたいことを、

伝えたら喜ばれたことを

まとめてみてください。

 あなたの中には、たくさんの

コンテンツが眠っています。

 まず、あなたのビジネスを教育

ビジネスに変えられないかを

考えてみてください。

 あなたのコンテンツを、あなたのスタッ

フに伝えることから始めてください。

 前田出『新・家元制度、顧客

          獲得の仕組み』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1RY13O8

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.