お茶が過酸化脂質を吸着消去し.がんになるのを防いでくれる 第 707 号

 いまやお茶は科学的にも様々な健康効果が

実証されているそうです。

 最近、お茶はどれくらい飲まれていますか?

───────「今日の注目の人」───

大森 正司(大妻女子大学名誉教授)
   
───────────────────

 お茶には、がんの予防効果があることも

科学的に実証されています。

 いまの日本人は、昔と違って油を大量

に取るようになりました。

 これはハンバーガーやスナック菓子

なども含みます。

 油を使って調理したものは美味しく、日持ち

がするので値段も安くなり、特に戦後、油

の消費はどんどん増えていきました。

 体内に吸収された油は酸化して

過酸化脂質となります。

 この過酸化脂質は、体内の様々な細胞に

くっついてしまい、くっつかれた細胞は

動けなくなり、がん化してしまうのです。

 しかし、お茶を飲んで体内にカテキンを

取り込むと、過酸化脂質を吸着して消去

し、がんになるのを防いでくれるのです。

 さらに、お茶はストレスにも

効果があります。

 夜寝る前に……

※本欄では美味しいお茶の

淹れ方も紹介してますよ。

 『致知』2017年7月号

        連載「大自然と体心」  

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)