これがないとフランスでは何をするにもニッチもサッチもいかない 第1,273号

 フランス国民は、歴代大統領の恋愛スキャンダルを

なぜ許すのか。ヨーロッパNo.1の出生率を実現

できたのはなぜか。世界で活躍する強い

リーダーを輩出する教育制度とは。

 記者活動に対しレジョン・ドヌール勲章シュヴァリエ

など3つの勲章を受章した著者が、グルメ、アート、

歴史だけではわからないフランスをレポートする。

 フランスは多分、何年いても、永遠に「良くわから

ない国」であり続けるのだろう。そして、それ

が魅力なのか、「フランス人なんて大嫌

い」と叫びながら、なぜ「フラン

スは第二の故郷」にいつの

間にかなり、帰国しない外国人が多い。

 国家はフランスの存在理由。フランス人の枕詞には

「エレガント」「粋でシック」「気障」、ある

いは「老獪」などがよく使われるが、

「好戦的」という枕詞はあまり

使われていないようだ。

ところが、実際は極めて「好戦的」な国民である。

 フランスの国歌「ラ・マルセイエーズ」はその証左だ。

フランス流血革命中に生まれた軍歌とあって、歌詞

の隅々までが好戦性に満ち溢れている。

 フランス人には「米国の独立戦争勝利にはラファイ

エット将軍の助けが不可欠だった」との意識が強い。

 ラファイエットは大貴族(侯爵)の両親と祖父の死去

で莫大な遺産を相続したうえ、17歳で結婚した

大富豪(公爵)の娘の持参金もあり大金持ちだった。

 19歳のとき、新しい「自由」という理念を引っさげて

自前で米国の英国からの独立戦争に参加し、大い

に活躍し、「新大陸の自由」といわれた。

 フランス人の前で悪口を言ってはいけない人物が

少なくとも3人いる。ジャンヌ・ダルクに、

ナポレオン・ボナパルト、シャルル・ドゴールの3人だ。

 共通項は3人ともフランスを救った

「救国の士」ということになる。

 ナポレオンの生い立ちも文字通り波瀾万丈だ。

彼の読書好きは下級将校時代にも維持され、

24時間の謹慎を命じられた時は東ローマ

皇帝ユスティニアヌスの『ローマ法

大全』を読破、砲兵連隊時代も

読書三昧にふけり、遠征中

の野営さえ読書をした。

 ナポレオン自身も書簡、歴史研究書、命令書、口述に

よる演説草稿など、生涯に膨大な作品を遺している。

 このなかから選出して名著『ナポレオン言行録』を

発表したオクターヴ・オブリは、ナポレオンの

生涯を要約して、「25歳にして有名であり、

40歳にして全てを所有し、50歳にして、

もはや名のほかに何一つ持たなか

った」と記している。言い得て妙である。

 第二次大戦でドイツ軍がパリに入城し、ペタンが

フランスの国家元首に就任して休戦条約

を結んだ。事実上の降伏だ。

 ドゴールは降伏を拒否してロンドンに亡命し、BBC

ラジオから「レジスタンス」の「呼びかけ」

を行った。フランス人がドゴールを

敬愛しているのはドゴールが

もし、この「呼びかけ」

を行わなかったら、

米国、英国、ソ連(ロシア)、

中国とともに国連の常任理事国として

国際社会で、大きな顔ができる現在のフランスは

存在しないことを誰よりも知っているからだ。

 実はドゴールはフランス国内でも、軍人をはじめ政治家、

経済界、知識階級などのいわゆる支配階級からは生前、

特に戦争直後は嫌われていた。ドゴール自身も軍

人でありながら、実は軍人を嫌っていた。

 2つ大戦を通じて凡庸で愚鈍だった

軍人に失望していたからだ。

 レジスタンスのフランス国民解放委員会の共同委員長

で米国に気に入られていた、5つ星将軍のアンリ・

ジローから、「貴殿は政治の話ばかりして

いる」となじられたとき、「戦争とは

政治です」とドゴールは即答し、

ジローの政治音痴ぶりを軽蔑している。

 フランスに暮らす外国人にとって、最も恐ろしい言葉は

「パピエ(紙)」かもしれない。滞在許可証や労働

許可証などの書類を指す。これがないとフラン

スでは何をするにもニッチもサッチもい

かない。ナポレオン以来の行政大国、

文書大国の伝統があるからだ。

 大英帝国が滅びても英国の情報機関やスパイが生き

延びて映画「007」が永遠であるように、フラ

ンスが王政、共和制、帝政など体制が目ま

ぐるしく変わっても、役人が黙々と

任務を果たす行政大国である。

 山口昌子『フランス人の不思議な頭の中』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください