すたすたと自分の信念する道だけを歩いていきなさい 第1,421号

致知物語 Vol.3

「最大の試練に見舞われて」

創刊八、九年目頃から、
急カーブを描いて『致知』の部数は
伸びていきましたが、最大の試練は、
創刊十四年目を迎えた一九九一年に訪れます。

ある大きな出来事をきっかけに、
『致知』の部数は激減。

毎日、多くの読者が購読を中止する、
という事態に見舞われます。

『致知』にとって初めての大きな逆境でした。

そんな時、次のような言葉を掛け、
『致知』を励ましてくださった方がいました。

私はFine weather friendではない
(天気が良い時だけの友達ではない)
小島直記(作家)

節から芽が出る
日比孝吉
(スジャータめいらくグループ創業者)

志ある者は事こと竟ついに成な る
渡部昇一(上智大学名誉教授)

我が国に有力な経営誌は数々ありますが、
その中でも、人の心に焦点
をあてた編集方針を貫いておられる
『致知』は際だっています。

日本経済の発展、時代の変化と共に、
『致知』の存在はますます重要になるでしょう。

稲盛和夫(京セラ名誉会長)

そして、森信三先生からは、
こんな言葉を掛けられました。

「人間は逆境に遭うと、それが十年も続くと思う。
しかし、逆境というのはせいぜい三年だ。
その間はじたばたせず、脇目なんか振らず、
すたすたと自分の信念する道だけを歩いていきなさい」

 さらに続けて、口にされたこの言葉。

『致知』の読者が十万人になったら日本は変わる――。

このひと言が私どもの大きな心願となり、
『致知』は新たな一歩を踏み出すことになりました。

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください