すべてを捨てる覚悟ができると与えられる 第1,249号

 三日月という月は存在しません。太陽

の光が当たる角度によってそう見える

だけです。ほんとうの姿は、欠けて

いる部分などまったくない「まんまる」。

 

 同じように、あなたも自分や人の三日月

ばかりを見ていませんか? 「まんまる」

(=答え)に目を向けるだけで、三日

月(=問題)は消えてなくなるのです。

 

 25年にわたり15万人を救ってきた

カウンセリング界のカリスマが

語る、究極の人生論!

 

 みんな心の奥には「満月の心」、すな

わち“まんまる”があるのです。すでに

どの人の内にも存在し、その人の

手で引き出され、生かされる

ことを、ずっと待ち望んで

いる「満月の心」。

 

 これをそのまま引き出して生きていけ

たら、どうでしょうか。個々の家庭、

ビジネスシーン、日本の社会、

そして世界からいっさい

の争いがなくなるとは思いませんか。

 

 ポジティブシンキングは、「ここ

ろの月」をいびつにする。

 

 私の考えはこうです。人間は月と同

じで、もともと真ん丸。本当の

自分は、最初からまんまる。

 

 だから、何かを足そうとする必要もなけ

れば、補う必要もない。ただ、その

ことに気付くだけでいい。

 

 過去の記憶が「心のゴミ」を作り出す。

 

 「まんまる」に気づくと、

人は一瞬で変わる。

 

 「まんまる」をひと言で表現する

と、どの言葉が的確なのか。

 

 「感謝そのものの世界」

 

 「喜びそのものの世界」など。

 

 「全体」から「個」を見る

クセをつける。

 

 すべてを捨てる覚悟が

できると、与えられる。

 

 黄金の雨水の循環が良ければ良いほど、

世の中は潤う。同時に大量の水蒸気

が発生して黄金の雲となり、再

び黄金の雨を降らしてくれる。

 

 あなたの親子関係が、人間関係のパター

ンを決めている。両親との関係が

人生に大きな影響を与える。

 

 人間関係の向上は、親子関係の改善、

和解から手をつけていく必要がある。

 

 両親に感謝しただけで、最悪

の人が大親友になる。

 

 「これで良かった」「ありがとう」

 「だから良くなる」この3つ

の言葉を、心の中で唱え続ける。

 

 「奉仕と感謝の倉庫」を作る。

 

 「感謝の倉庫」というのは、「奉仕

の倉庫」で実際にプレゼントした

結果、返ってきた感謝の反応、

言葉を溜めておく倉庫だ。

 

 それをノートや手帳に書き留める。

 

 「美点発見ノート」をつける。

 

 どんなものにもメリット、美点がある。

 

 それをノートにどんどん書き込んでいく。

 

 「わくわくノート」をつける。この人

をワクワクさせてあげるためには、

どうしたらいいか、を思いつ

くまま書き込んでみる。

 

 このノートを書き終えたら、優先順位

をつける。それにより、相手が喜び

いっぱいになっている姿を想像

する。そして実行に移す。

 

 これによりお金以上に価値あるワク

ワクを、先に受け取ることができる。

 

 

 佐藤康行『満月の法則』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2QxXVxv

 

 

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください