せめて最期の瞬間くらいは.人間らしくと願ってのことでした 第 454号

 上甲晃さんは松下政経塾の塾頭として経営の

神様・松下幸之助氏から薫陶を受けました。

 松下政経塾は政治家を育てる場ですから、

我が強く、人の言うことを素直に聞か

ない塾生もたくさんいたようです。

 指導する上で大変な苦労をしていた上甲

さんに大きな示唆を与えたのがマザー・

テレサの言葉でした。

────────[今日の注目の人]───

☆ 松下幸之助に学んだ人生の要訣 ☆

上甲晃(志ネットワーク「青年塾」代表)

───────────────────

 松下政経塾で14年間塾生を育ててきた中で、

やる気のない人を教育するのも難しいが、

自分に自信のある人を教育するのも

難しいことを痛感しました。

 自分は偉いと思い込んでいる人は、

素直に言うことを聞かない。

 松下政経塾には当初、エリートを自認

して偉そうにしている塾生が

たくさんいました。

 人の言うことを聞かず、理屈が多く、

指導には大変苦労をしました。

 そんな私に大きな示唆を与えてくださった

のがマザー・テレサでした。

 マザー・テレサの言葉に常々深い感銘を

受けていた私は、この人に会いたいと

いう思いを募らせ、ついに後先考え

ずにインドのカルカッタ(現・コルカタ)

へ渡りました。

 彼女に直接、どうしても聞いてみたいこと

があったからです。

 当時のカルカッタは人口1,000万人のうち200

万人が路上生活者で、至るところに生死も分か

らない行き倒れの人が転がっていました。

 全身から膿を出している人、ウジ虫の湧いている

人、とても側に寄れたものではありません。

 しかしマザー・テレサと仲間のシスターたちは、

一番死に近い人から順番に抱きかかえて、死を

待つ人の家に連れて行き、体を綺麗に洗って

あげ、温かいスープを与えて見送るのです。

 せめて最期の瞬間くらいは人間らしくと

願ってのことでした。

 運よく、カルカッタの礼拝堂でマザーに面会する

ことのできた私は、「どうしてあなた方は、

あの汚い、怖い乞食を抱きかかえられる

のですか?」と尋ねました。

 マザーは即座に、「あの人たちは乞食では

ありません」とおっしゃるので、私は

驚いて「えっ、あの人たちが乞食

でなくていったい何ですか?」

と聞くと……

 
※上甲さんはマザーの言葉を聞いて大きな

衝撃を受けられます。

 この話の続きは『致知』10月号で
お読みください。

 『致知』2016年10月号 

        特集「人生の要訣」P54

  

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

              ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)