それは北朝鮮の利益に繋がるということを忘れてはならない 第1,522号

 世界再編が始まった!「食うか食われるか」の

国際金融は「黒い武器」「黒いカネ」「黒い

水」の3つで決まる!! 2013年から一体、

世界の「何」が変わったのか?

グローバルに暗躍する

“極道の男たち”の狙いを大開帳!

 「私のように、これほどの規模でビジネスを

している者は、そういないだろう‥‥‥‥」

自信満々だった私が、銀行のオフィサー

にロシアンマフィアの証券の金額を

尋ねると「兆円単位」という答え

が返ってきて驚倒したことがあった。

 戦略物資を直接扱うロシアン・マフィア

の経済活動は、国家レベルということだ。

所有している情報量もやはり、国家

規模ということになる。

 米中貿易戦争において、中国はアメリカに、

ただ譲歩してもろ手を上げたということ

ではなく、防御に回ったと私は考えている。

 根拠の1つが、中国が石油備蓄量を増や

している、という地下経済からの観測

だ。戦略物資である石油を蓄える

ことは、戦争を含む、あらゆる

ことに対する備えだからである。

 北朝鮮の大陸間弾道弾ミサイル「火星14」

には、ウクライナの部品が使われて

いると報じられた。

 ウクライナは兵器大国で大小200以上の

軍事工場があり、そこを仕切ってい

るのもロシアンマフィアだ。

 しかし直接北朝鮮に兵器の部品を供給すれば

テロ支援国家として制裁対象になってしま

うためロシアンマフィアが仲介する形

でパーツを供給しているという構図だ。

 国家から資源を扱うことを許された官

製犯罪組織の規模は「超絶」の一言で、

その親分こそがプーチン氏である。

 混乱こそ北朝鮮の得意とする戦場だ。プレ

イヤーが増えれば増えるほど、状況は混乱

する。金正恩という指導者の資質を見誤

ることこそ、北朝鮮の利益に繋がると

いうことを忘れてはならない。

 猫組長『暴力が支配する一色触発

           の世界経済』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2IEkgpV

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください