とにかくおいしく食べてもらうのが基本です 第 995 号

 福岡市内で92歳のいまも料理教室を

開いている料理家・桧山トミさん。

 教室に通う生徒さんたちは、料理だけ

でなく、タミさんの言葉にも

魅了されているとか。

───────────

 桧山 タミ(料理家)

───────────

 母親として女性として、健やかな体を

つくるための家庭料理こそ、私が

心から伝えたい料理の道だと

思っているんです。

 女の人って賢くて強いんです。

 でも、優しさが足りない。

 だから優しさを学ぶため

に女に生まれてきた。

 反対に男の人は優しいから、強くなる

ために男に生まれてきたんです。

 だから男は強くならないかん。

 女は優しくせないかん。

 人に優しくするには、そばにいる大事な

人たちを温かく応援してあげればいい。

 そのために女の人は料理をするの。

 そうやって命を愛おしむんですね

 男女平等なんて言われるけど、やっぱり

男女にはそれぞれ役割があるんです。

 私の姉たちはお嫁に行った先で、ほんと

においしい料理をつくっていました。

 子供の頃に時々食べに行くと、おいしい

料理をいっぱいつくって出してくれて、

こんなふうに私もつくれたらいい

なっていうのは子供心に思っていました。

 だから私もお嫁に行ったら、おいしい

ものをたくさんつくろうって。

 でも、それって難しいことでも

なんでもないわけでしょう。

 料理一つで喜んでもらえるんだから、

つくればいいんですよ。

 皆どうしてつくりたいと思わんのか、

私はそれが不思議だったんです。

 ──それが桧山さんの料理づくり

の、まさに原点ですね。

 とにかくおいしく食べて

もらうのが基本です。

 だからきちんとお皿に並べてとか、

体裁を整えるとかじゃなくて、

例えば天麩羅なら、揚げた

そばから「はい、こっち来て来て。

 いまが一番おいしいよ」って

言って食べてもらうの。

 おかしいでしょう。

 私って本当に世の中のこと知らない

から、それでここまで生きてこられ

たんだなと思います(笑)。

───────────────────
人生の大先輩から学ぶ、生きるための知恵
───────────────────

『致知』2018年4月号

      連載「生涯現役」P116

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください