どんなに辛くても自分が登らない限り 頂上には立てない 第 321号

 女性初のエベレスト登頂者で、世界初の

七大大陸最高峰登頂者でもある

田部井淳子さん。

 大病を克服され、76歳のいまも登山家

として活躍中です。

 その田部井さんの原点となるお話を

紹介します。

────────[今日の注目の人]───

★平常心で日々を生ききる★

田部井 淳子(登山家)

───────────────────

 七十六歳になったいまでも忘れられない

出来事があります。

 それは小学校四年生の夏休み、担任の先生に

連れられて栃木県の那須に山登りに

行ったことです。

 生まれ育った福島県の三春町から出たことの

なかった私は、山には緑が覆い茂っている

ものだと思っていました。

 しかしそこは火山で木も草もなく、川の水

は高温でした。

 辺り一面に硫黄の臭いが漂い、山頂付近は

夏なのに寒い。

 こんな場所があるのかと強い衝撃を受けた

のです。

 体が弱く全く運動ができない私に、「山登りは

ゆっくりでいいんだよ」と先生が声を掛けて

くださったのも印象に残っています。

 登山は競争ではなく、どんなに辛くても自分が

登らない限り頂上には立てないという明快な

ルールにとても納得しました。

 初めて登頂した時に見た景色と達成感は

鮮明に覚えています。

 学校で机に座っているだけでは学べなかった、

自分の足で歩き、目で見て肌で感じた

その経験はとても強烈で、

 私の登山家としての原点となりました。

※田部井さんの山への憬れは膨らみ、就職した年には

山岳会に入り、山登りに没頭していかれます。

 田部井さんはある時、南極越冬隊隊長・西堀栄三郎

さんと出会い一つの言葉をプレゼントされます。

 その言葉がその後の田部井さんの登山人生

を支えることになるのです。

 『致知』2016年7月号  

         連載「致知随想」P89

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

              ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)