よりよいものを探究し続けていくことが大切 1,969号

小惑星探査機「はやぶさ2」。
地球から約3億キロメートル彼方に位置する
小惑星「リュウグウ」でのサンプルリターン
ミッションを果たし、地球帰還が目前に迫って
います。

その約600人の多国籍のスペシャリストから構成
される一大プロジェクトを牽引してきたのが
津田雄一さんです。

最新号では津田さんに困難なミッションを実現
に導く要諦、チーム力を高めるヒントを9ページ
にわたって語っていただいています。

★最新号「運命をひらく」が発刊!
あなたの人生・仕事を好転させる珠玉の
体験談・教えが満載の月刊『致知』! 
ご購読・詳細はこちら 

───────────────────

(――物事を成就する人とできない人の差は
どこにあると感じられていますか?)

(津田) 
自分たちはできないとちゃんと自覚することだと
思います。もちろん我われはきちんとミッション
を果たせるように「はやぶさ2」をつくりました。

ただ、こういう障害があったらできないよねとか、
あるいはパーフェクトな人間が操作すれば
できるかもしれないけれども、
我われはパーフェクトな人間じゃないよねって。

人間はミスをするものだし、100%完璧というの
はあり得ない。「はやぶさ2」のチームには
そういう自覚が醸成されていました。

だからこそ、過信せず驕らずに謙虚であること、
常に現状に安心したり満足したりしないで、
よりよいものを探究し続けていくことが
大切ではないでしょうか。

それと同時に、チーム全体が高い目標に向かって
強いモチベーション、目的意識をきちんと持って
いること。言い換えれば、仕事を楽しむ。
隙さえあれば面白いことをやってしまう遊び心
がなければ物事は成就できないと思います。

★最新号には「はやぶさ2」プロジェクト
マネージャの津田さんがご登場!
いまだからこそ人間学。

『致知』には人生・仕事を発展させていく
ヒントが満載です! 詳細・ご購読はこちら 

致知出版社の人間力メルマガ

  今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝! 

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください