わたしの虚弱体質も解消することが出来ました 第1,470号

こんにちは、

岡田です。

前回は「一段上がるためには何をすべきか3」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12498538086.html

現在の立ち位置、A~Iまでの9段階の中で、

G.H.I(第三の矢)関連についてお伝えしました。

今回は「天に導かれて生まれた「メソッド」」です。

—————————

『歩行整体メソッド』とは、

三本の矢による、

回復から若返りまでの整体システム。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術

第二の矢 ゆがみのトレーニング

第三の矢 ゆがまないセルフ整体

現在、見える化を図っています。

—————————

※図はアメブロ盤にあります。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12501543984.html

・歩行整体メソッドの図

(天に導かれて生まれた「メソッド」)

先日のお茶会で話した内容に近いですが、

何も考えずに話したことを後で聴くと、

けっこう新鮮で考えがまとまりました(^^)。

では、半生を振り返りながら、

メソッドが出来た経緯をお伝えします。

・15歳まではネガティブの塊

お腹が弱くてしょっちゅうトイレの中、

ぜんそくもちで冬場は熱発を繰り返し、

運動神経鈍く駆けっこでいつもビリ、

花粉症シーズンはテッシュで鼻輪、

こんな状態なので当然いじめられっ子、

「なんで僕だけこんなアカンのやろ」

「どうせできへんわ」

こんな口癖の暗~いネガティブ少年でした。

そんな中、救いは祖父母からの家庭教育でした。

健康長寿の研究をしていた母方の祖父からは、

体を害さない食事と健康法の教育を受け、

生長の家で学んでいた父方の祖母からは、

光明思想や原因結果の法則など心の法則を学びました。

この二人がいてくれたおかげで、

人生が開けたと言っても過言ではありません。

・十代後半から徐々に健康体へ

祖父の教えで体が元気になってくると、

心のネガティブも減ってきました。

そして、部活もでき友達も増えて、

ふつうの青春を送れるようになったのです。

ポイントは運動と考え方が前向きになったこと

そんなことがきっかけで、

心と体の両方に関心が向き始めたのです。

・20歳でむちうちとギックリ腰

ところが、20歳の時に首を傷めてむちうちとなり、

手のしびれや頭痛、肩こりなど不調に悩まされました。

さらに、ギックリ腰を起こして、

何日も起き上がれない状態となり、

治療によってさらに悪化して腰痛もちになりました。

鍼灸師、柔道整復師の仕事をしながらも、

誰も治すことができず、

治してくれる先生を探し続けました。

・30歳の時に、天才治療家と心の師に出会う

それまでは、

納得がいく指導と施術に出会わなかったのですが、

30歳の時に天才治療家のY先生と出会い、

壊れたメカニズムと回復への青写真が明確になりました。

その中身を一言で表すと、

「正しい歩き方」と「潤滑整復術」でした。

また、心の師にも出会い、

人間はどこから来てどこへ行くのか、

人生の意味など三次元世界の実態を知り、

心の教えを学びはじめました。

・治療家を極める道

難しい症例のクライアントが集まったので、

治療家として極める道を突き進んだものの、

わたしと同じパターンだけではないので、

壁にぶち当たり限界を感じていました。

筋肉の硬化を芯から軟らかくできないことや、

硬い皮膚を軟らかくできないなど、

今まで学んだ技術の限界を知りました。

そこで、新たな師を求めての旅が始まりました。

結局は二人のゴッドハンドから、

筋肉と皮膚それぞれについての技術を学び、

貴重な技術を習得することが出来ました。

その結果は治療成績が向上し、

思い通りの成果が出せるようになったのです。

・新境地へ

目標地点に到達すると違う景色が見えるものです。

それまでの治療という世界から、

健康への道が次の目標として現れたのでした。

治療(施術)というのは、

痛みなどの不調や症状が消えればゴールですが、

もっと先の若返りというゴールが現れたのです。

これは、現在行っている歩行整体メソッドの、

第一の矢と第三の矢に相当しますが、

まだ、何かが足りないことに気づいていました。

そんな問題意識があった時に、

パーソナルトレーナーへの誘いがあり、

ピンときたので迷わず飛び込みました。

・パーソナルトレーニングで問題解決

結局、一人一人、からだの弱点は違います。

現在マンツーマンの施術は当たり前ですが、

施術と同じ理由から、

マンツーマンのトレーニングの必要性に気づいたのです。

これは関節の硬さや筋力の偏りなど、

からだの弱点を補強しないことには、

立つ、座る、歩く時に、

正しい姿勢が取れないことが分かったからです。

パーソナルトレーニングを行うと、

面白いように弱点が解消していきます。

わたしの虚弱体質も解消することが出来ました。

パーソナルな運動は、

現在、第二の矢として行っている部分です。

ここにきて、

すべての流れが頭の中で統合できました。

・天に導かれて出来た「メソッド」

こうして、「歩行整体メソッド」が生まれたのです。

いま思えば、

はじめは努力して作ったと勘違いしていましたが、

すべては天に導かれていたのです。

今まで起きた多くの問題は、

ムダなものは無くて、

すべてが成長の役に立っているからです。

天命を知りそれに従って生きる、

これが残りの人生の幸福だと考えています。

さらに導きのままに精進し、

みなさまの健康寿命を伸ばすだけでなく、

健康人生を全うできるように支援していく。

考えただけでワクワクしてきます。

————————-

新発想!立ったまま行う体幹スロー筋トレ

『筋肉絞り体操/姿勢改善編』実技セミナー

・9月 7日(土)18~20時(天王寺)

・9月27日(金)14~16時(天王寺)

セミナーの日程表は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

各7名限定にて開催。

『10年後の常識!健康のツボ』

第640号 2019年8月6日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください