オキシトシンは痛みや恐れを和らげる脳のシステムも活性化する 第1,395号

 経済を繁栄へと導くものは「天然資源」でも「勤

労意欲」でもなく「信頼」だった! 神経経済学

を世界で初めて提唱した俊英が、信頼で

経済が回るメカニズムを解き明かす!

 「哺乳動物特有の太古の分子が、他者と絆を結ぶ

ように私たちに仕向ける。ポール・ザックは

この重要な発見を、人の心を引きつけて

やまない見事な作品にまとめあげた。

 経済学と道徳の分野を含め、人間の行動に関する

従来の思考を本書が覆すことは必至だろう」

 同情と愛と信頼の背後にある生化学的作用の発見

と探究の経緯を、小説家はだしの見事な語り口

で驚嘆すべき読み物に仕立てあげた。

 「人生における最良のものに関するポール・ザック

の探究は、じつに見事で、厳密で、しかも愉快な

ことこのうえない。私たちには、彼のように

大胆かつ革新的な経済学者がもっと必要だ」

 道徳心はすべて「オキシトシン」で説明できる。

 経済は「信頼」で繁栄する。

 交尾と絆は気持ちいい。

 マッサージは脳の中まで解きほぐす。

 脳と血液の両方で見られるこの化学伝達物質

オキシトシンこそ、じつは道徳的な行動の

カギであることが私の研究で実証されている。

 これは親密な間柄だけでなく、ビジネスや

政治、社会一般においてさえそうなのだ。

 道徳的な分子を始動させるには、

信頼の合図を送るだけでいい。

 信頼を込めて人と接すると、相手はオキシトシン

が急増し、あまり関与をためらったり

人を騙したりしなくなる。

 言い換えれば、人は信頼されると感じると、前

より信頼できる人になる。するとやがて、ほ

かの人たちからなおさら信頼されやすく

なり、循環が生まれる。

 こうして果てしないループが生まれ、それが巡り

めぐって道徳にかなった善循環とでも呼べる

ものを生み出し、道徳にかなった社会が誕生する。

 信頼こそが繁栄の最大のカギであり、ひいて

はそれが健康や幸せにもつながる。

 オキシトシンは、痛みや恐れを和らげる

脳のシステムも活性化する。

 ポール・ザック『経済は「競争」

           では繁栄しない』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2V9ODGt

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください