オリジナルのデザインは時間をかけて育てるもの 第 907 号

 ヒットを生む! 差別化を図る! 付加価値

をつける! なぜデザインがよくないと

会社は成長しないのか!?「デザイン

力」で市場を席巻する『強い

会社』事例満載。

 著者はデサイン主導で会社を成長

させる方法を研究している。

 デザイン力は企業を

成長させる原動力。

 商品デザインをデザイナー任せに

する時代は過去のものとなった。

 経営幹部はデザインに対して明確な考え

方を持たなければ、会社の存続さえ

危ぶまれる時代が来た。

 トップがデザインに関心

を持つことが大切。

 最後はやはりトップ自身がデザインの

センスを磨く努力をすること。

 何が良いのか、悪いのか、自分で

判断するクセをつけること。

 オリジナルのデザインは時間

をかけて育てるもの。

 デザインを考えるということは、実は

自分の所属する企業についてよく考

えるということにもつながる。

 統一感連続性を保つことを考慮する。

 時代背景をしっかりとらえることで

自ずとデザインも決まる。

 自社のデザインは「資産」につながる。

 デザインの決定は「現物主義で」。

 デザインを強くすることは企業を

強くすることにつながる。

 また知財としての自社のデザイン

を守ることも大切なテーマ。

 競争こそ、デザイン力向上のキーワード。

 大口二郎『稼ぐデザイン力、経営者・

   管理職のためのデザイン戦略入門』

     の詳細、amazon購入はこちら↓

       http://amzn.to/1zrmOuj

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください