ドイツはイギリスやフランスほどの階級社会ではない 第1,715号

 戦後の泥沼から理想を掲げて這い上がり、

いまや世界最強国家の1つになったドイツ。

しかし、その理想主義に足をとられてエ

ネルギー・難民政策に失敗し、EUでも

「反ドイツ」の動きが止まらない。

 「民主主義の優等生」は、どこで道を間違

えたのか?ドイツ在住の作家がいま、

日本人に伝えたいこと。

 いずれにしても、ドイツと

中国の結束は固い。

 ときにドイツは中国を「経済国家主義」などと

批判するが、これはある意味で、少々批判して

も深刻な影響が出ないほど、両国の関係が

安定してきたということかもしれない。

 中国マネーと中国市場の威力はつとに

大きく、ドイツ人は抗えないし、い

まのところ抗うつもりもない。

 独中関係は、互いに発展できる相手と見る

うちは、これからも蜜月状態が続くだろう。

 一帯一路からアフリカ、インドまで含めて、

両国の展望は、明るい未来につながっている。

 もちろんほんとうにそうなるかどうかは、

まだ誰にもわからないが、そんなことは

気にしないのが、この両国の強さの所以である。

 ドイツと中国の関係は、どこか狐と狸の

壮大な化かし合いに似ている。

 ドイツ人は、とても底力の

ある人たちだ。

 もし、地球が突然、氷河期のように寒く

なったり、感染病のパンデミックに見舞

われたりして、人類が危機に陥った

なら、日本人は滅びドイツ人は

生き延びるような気がする。

 逆境になって初めて本領を発揮する原始的

な生命力のようなものを、彼らはもっている。

 日本人のもつ繊細さと、まさに真逆な

特質といえるかもしれない。

 ドイツ人のしぶとさと、日本人のひ弱さ。

私は、そのどちらも嫌いではない

 ドイツは、イギリスやフランスほどの階級

社会ではないが、日本ほど無階級

な社会でもない。

 上層にはきわめて優秀な人たちがいて、

陰に陽にドイツを誘導している。

 そして、中層をなす大勢の人たちが、真面目

に働き、誘導された方向にドイツをしっ

かり牽引していくという構図だ。

 これがうまく機能して、戦後の瓦礫の

なかから強い国家が育った。

 そのドイツが、最近、

なんだかおかしい。

 みなが「民主主義」やら「人権」を語り

すぎる。政界でも、メディアでも、そ

して巷でも、現実離れした理想

が滔々と語られる。

 そのくせ、いや、そのためにかえって

「言論の自由」が抑圧されている気

がする。だから、最近のドイツ

はなんとなく息苦しい。

 社会的な制約はどんどん外されて

いくのに、政治的発言におい

ては、縛りが増えた。

 川口マーン恵美『そしてドイツ

         は理想を見失った』

  の詳細、Amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2WCGy18

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください