マッカーサー元帥が明治憲法を抹殺しようと固く決意していた 第1,389号

 アメリカによる「占領」は未だ終わらざる日本

の惨敗物語だ。米政府の極秘資料をもとに、

占領政策の欺瞞を暴き、日本人の変節

を問う。平和と民主主義の代償と

して憲法第九条の中に埋葬さ

れた日本人の誇りを取り

戻すために、いま明かされる「占領の真実」。

 日本人の思想を変えさせるための最適の手段と

してアメリカ政府は教育を駆使した。その

ため、占領下の日本では、教育は

極めて政治的だった。

 アメリカ当局の要求は、日本人の教育の中には

国家主義、国粋主義も、軍国主義もそして

共産主義もあってはならない、

というものだった。

 日本の学校で米国の政策が完全にではなかった

にしろ、素早く食い込んでいった

理由は2つある。

 ♣第一は日本国民の心理的、物理的生活が

最悪の状態まで落ち込んでいたので、米

国の絶対的な権力に対するみじめな

劣等感が作り出されていたこと。

 ♠第二は、政府の手で長らく抑圧されていた

日本人の伝統的な学習欲が、新たな題材を

求めて動き出していたことである。

 占領中の日本人が米国に対して示した態度は、

西欧の知的、技術的知識がなだれをうって

入り込み、日本を圧倒した明治

初期によく似ている。

 日本帝国時代にもっとも重要だった2つの文書

といえば、1889年の明治憲法と1890年

の教育勅語である。

 1889年憲法は、天皇の神聖性と

不可侵性を明記している。

 1890年の教育勅語は、教育を国民の

天皇に対する忠誠心を養う場に変えた。

 マッカーサー元帥が明治憲法を抹殺しようと

固く決意していたのは、日本国民が神聖

な天皇に対して完全な忠誠心を

いだいていたためである。

 降伏着後の混迷状態のなかで日本帝国政府は

その解体を防ぐために必死で戦った。

 政府は道徳、皇室への尊敬の念、法と秩序の

尊重、集団的な博愛精神と、社会のつな

がりを求めるあらゆるスローガン

の保全に専念した。

 西鋭夫『秘録・日本占領:マッカーサー

               の犯罪。下巻』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2VbJ3Df

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください