マンデラはとにかくよく人の言うことを聞く人でした 第 1,928 号

約350年続いた人種差別(アパルトヘイト政策)
から黒人たちを解放したネルソン・マンデラが、
この世を去って6年が過ぎました。

実に27年に及ぶ獄中生活にも屈することなく、
祖国のために闘い抜いた「南アフリカの父」が
その果てに思い描いた「虹の国」とはいかなる
ものだったか。


人種差別が大国を揺るがしているいま振り返り
たいマンデラの人物像を、彼を敬愛してやま
ない同志社大学の峯 陽一教授に
語っていただきました。

★各界リーダーがご愛読。
月刊『致知』には人生・仕事を深め、
発展させていくヒントが満載です。
最新号の詳細・ご購読はこちら

───────────────────

2013年12月5日、マンデラは95歳でその生涯を
閉じましたが、彼の最も優れた資質として挙げ
られるのは、一貫してぶれない姿勢でした。

マンデラは黒人と白人が共存する「虹の国」
の実現という一念を抱き続けていました。
そしてその一念を実現させるための戦略的思考
は柔軟で、その場その場で最も適切と思われる
ものを大胆に選んでいます。


投獄前には暴力も辞さなかったマンデラが、
釈放後は徹底して暴力を排除した姿勢はその
最たるものと言えるでしょう。


また、マンデラは指導者として陰謀が大嫌い
でした。

会議では自分の意見を言わずに黙っていて、
裏で他人の悪口を言いふらすような者には、
相手が白人であれ黒人であれ、激怒しました。

もう一つ付け加えれば、マンデラはとにかく
よく人の言うことを聞く人でした。


交渉ごとにおいては、全身で相手にぶつかって
いくのですが、自分の言いたいことを言うだけ
でなく、相手が話し始めたらそれを遮ること
なく聞く。

そして自分の立場を変える必要があれば
断固として変えることも厭いませんでした。

特筆すべきはこうした姿勢を誰に対しても貫いた
ことで、彼の偉大さが感じられます。

★『致知』には人間力を高めるヒントが満載
です。最新号の詳細・ご購読はこちら

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください