一流人との交際.ノウハウや人脈の拡大につながる行動.生き方を考える 第 874 号

 一流の男は「孤独」を愛し二流の

男は「群れ」を愛すーー。

 「人付き合いのいい人」をやめれば、

自分を変えることができると説く

著者が、いくつになっても

魅力ある「一流の男」

の生き方を明らかにする。

 とりあえず、夜のひとり行動を始めるに

は、ホテルのバーを利用してみるといい。

 雰囲気があって、バーテンダーが

話し相手になってくれる。

 バーに入れば、お店の人と話

くらいするのが常識だ。

 それはそれとして楽しむが、一人

の時間を大切にするのがいい。

 そんな一人でぼんやりしているようなとき

に、悩んでいた仕事のヒントが生まれたり、

新しい企画のアイデアが浮かんできたりする。

 孤独とどう向き合うか。

 それが人間の強さ、豊かさの源といえる。

 一流の男は仲間外れを恐れない。

 「死ぬときはひとり」と心得る。

 「死ぬまで働く」心構えが

不安を払拭する。

 ケータイ、ネットを手放せるか。

 「僕は人生をおもちゃに牛耳られたく

ないんだ」(クリント・イーストウッド)

 「孤独」が男の器を大きくする。

 一流の男は「ひとり時間」をもっている。

 組織に頼らず一人で生き抜く。

 どんな仕事であれ「仕事はひとりで

やるしかない」ものだ。

 みんなで手分けしてやる仕事であっ

ても、自分に割り当てられた分は、

自分以外にやる人間はいない。

 手と足を使う仕事を見つけなさい。

 「現代人は頭ばかりで生きることを

しいられ、自分からそれを選び、そ

れだけに執していきています。

 部屋の中で寝てばかりいないで、

立ちなさい。立つことです。

部屋から出ることです。

そして、何でもいい。

手と足を使う仕事を見つけなさい」

         (作家・開高健)

 独身だからできることがある。

 モチベーションの高い独身時代

に、「独身だからできること」を

がっちりやっておくことだ。

 とくに、20代、30代の若いうちは「一流の

男のふるまい」を知る努力をするといい。

 会社帰りの一杯も、彼女を連れて行け

るようなしゃれたバーやレストラン、

寿司屋などを探しておく。

 一流のバーやレストランなどの常連に

なるというのは、単にそのことに

価値があるのではない。

 そこへ至るプロセスが、一流人との

交際ノウハウや人脈の拡大に

つながってくるからだ。

 川北義則『孤独が一流の男をつくる』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/19pRXQl

 「孤独」とは「孤立」ではなく、自身の

「生きざま」を深く考え行動していく、

自立している人は距離感の作り方

が絶妙である。

 今回も最後までお読みくださり、

   ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.