万物の命の元でもある.愛のエネルギーで命を生み出す 第 999 号

 普段何気なく使っている言葉の多く

が、実は大和言葉に由来している

ことをご存じでしょうか?

 現在、全国に30か所を拠点に古事記塾

を通じて、日本人のルーツを紐解か

れている今野華都子さんに、その

気づきの一端をお話しいただきました。

───────────────

 今野 華都子(アイテラス社長)

───────────────

 例えば、「おとうさん」「おかあさん」

という言葉が、大和言葉からきている

ことはご存じでしょうか。

 そもそも「おとうさん」とは、そのうち

の「とう」が大和言葉の「尊(とうと)

し、貴(とうと)し」という意味で、

それに敬語と敬称の「お」と「さん」

がついて「おとうさん」となりました。

 また、「とう」とは和語の数え方「ひ、

ふ、み……この、とお」のうち「とお」

という数字的に満ち足りている様子も

表していることから、心身ともに

統合された、尊い人のことを

「おとうさん」と呼んでいるのです。

 次に「おかあさん」の「か」は、大和

言葉で「火(か)、日(か)」という

意味で、カッと熱く輝く様子を指しています。

 日の光はその字が示すように、力(パワー)

であって、万物の命の元でもあるのです。

 また、「あ」は大和言葉の「生(あ)れ」

から取られたもので、愛のエネルギーで

命を生み出すことを指します。

 そこに「お」と「さん」がつくことで、

太陽のように明るく輝く、子供を産ん

だ女性のことを「おかあさん」と

呼ぶようになったのです。

─────────────────
『致知』を通じて日本人の心を学ぶ
─────────────────

『致知』2018年5月号

     特集「利他に生きる」P58

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください