三食足りて寝るところあれば人間は何の不自由もない 第1,494号

 英語百科辞典を売りまくったトップセールス

マン、札幌五輪効果で大盛況だった英会話

教室、インベーダーブームに乗ったゲー

ムリース業、「北大神田書店」グルー

プによるビニ本の製作・販売、

年商百億円を達成した伝説

のダイヤモンド映像……

 億単位のカネを稼いでは、幾度となく一文

無しになった山あり谷あり泥沼ありの道の

り。いかなる境遇に置かれても、「折れ

ない、めげない、負けない心」で次な

る事業に情熱を注ぎ込んだ男。“AV

の帝王”が語る「天国と地獄」実体験マネー論。

 相手を思い遣る気持ちは、人生で最も大きな

財産になる。自分が相手を思い遣る気持ちが

あるから、相手も自分を、思い遣る気持ち

を持ってくれている、と思えていつも

嬉しくなるのだ。

 この人のためなら役に立ちたい、と愛されて

いる人間がお金持ちになっている。愛され

る人間の周囲には人が集まってくる。

 知恵を出し、力を出し、必要であればおカネ

まで出して愛している人間を盛り立てよう

とする。だから愛される人間は成功し

てお金持ちになることができる。

 逆説的になるが、「おカネに愛される人間

は、おカネより人を愛する人間」といえる。

 私が以前、6年ほど住んでいたマンション

の部屋から、目の前にお墓が見えた。朝晩、

窓際に立ち、静かにたたずむいくつもの

墓石を眺めるのが日課だった。

 立派な墓石が建てられた真新しいお墓が

あった。相当の成功をおさめた人物の

お墓であっただろう。しかし、私が

マンションにいた6年間、一度も

その墓に花が手向けられることはなかった。

 また、小さなお地蔵さんを模したお墓が

あった。月命日と思われる毎月のその

日には、お墓の前に額ずく年配の

女性とその娘と思われる20代

の女性の姿があった。

 ⇓家族の誰がそのお墓の下に眠っているの

かは分からない。だが、人の命がこの世

から消えても、愛した人の記憶の中

にある限り、永遠に生き続ける

ということを教えてくれた光景だった。

 4度の文無し経験を経て、「足るを知る」

を学んだ。三食足りて寝るところさえあ

れば、人間は何の不自由もないのだ。

 村西とおる『裸の資本論:借金

    返済50億円から学んだ法則』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2Zb3XEt

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください