世界で凄い量を勉強した人間が独創的な仕事をしているだけ 第 548号

 30歳でも間に合う人生再起動マニュアル

白洲次郎黒澤明、開高健、伊丹十三、岡本太郎、

司馬遼太郎、小渕恵三――7人の偉人たちから「ハッ

タリ」という「裏ワザ」を学べば、人生変わる!

 白洲次郎がなぜ、アメリカ人相手の交渉に

強かったか。

 まず彼は徹底的にアメリカ人の弱いところは

何かを研究している。

 その結論は、アメリカ人はイギリスに弱い、

ということだ。

 外交を勉強するにはオックスフォードより

ケンブリッジのほうがいい。

 外国人でも問題なく勉強できる。

 次郎はそこでイギリス貴族社会の教養を身に

つけていた。

 姿を見せないことに効用がある。

 次郎が胸にしまっていたプリンシパルとは、

こういうこと。

  1.スジを通す。

  2.愛で物を言う。

  3.我を沈める。

 次郎の友人の弟で優秀な官僚であった牛場信彦を、

自分の創設した通産省に引っ張る際に、「オレは

お前の兄貴と仲がいいんだから、お前より

偉いんだ」と説得を切り出した。

 無欲に見せる。

 透明な存在に徹する。

 白洲次郎は東北電力会長の頃、ふらりと車で現場を

訪れ、現場のチーフには、「とにかく事故を出すな、

安全に気をつけろと言っておいて、一人でランド

ローバーを運転して去っていく」。

 現場の人は次郎を、「まるで谷から吹いてくる風の

ように爽やかで消えることの早い人だ」と思った。

 次郎はひとつのプロジェクトが成就すると、いつも

その職をさっさと後進に譲っている。

 パリに留学する娘にルイ・ヴィトンの旅行鞄を

持たせ、「いいものを使えばホテルでの扱い

も違うよ」とアドバイスした。

 「料理を取り分けるときは、それを相手の気が

つかないようにやらなければサービスとは

いえない」と娘に教育した。

 矛盾を抱えた人こそ魅力

 次郎はプリンシプルと無私の人であり、

同時にハッタリと策謀の人である。

 日テレの役員、東北電力の会長、イギリス人脈、

吉田茂とのパイプ、怪しすぎる。

 映画監督であり脚本家の伊丹十三は、

凄いレアな取材をする。

 膨大な資料と本を読み込んでいる。

 映画監督としては膨大な数の映画を観る。

 空っぽで吸収する。

 ゲーテのいう、「独創性などというものはない。

 世界で一番もの凄い量を勉強した人間が、独創的

な仕事をしているだけなのだ」という言葉と、

伊丹のキャリアとは軌を一にしている。

 映画監督、黒澤明は言った。

 「脚本が素晴らしければ、三流の監督が撮っても

どうにかなるが、駄目な脚本は一流の監督が

撮ってもどうにもならない」

 古典を、むさぶり読め。

 黒澤はどのように脚本を書いたのか。

 「創造とは記憶である」という黒澤の発想の

源はギリシャ神話、トルストイ、シュエイ

クスピアなどの古典があった。

 実際、「好きな戯曲や小説を手当たり次第に

むさぼり読むと頭のなかがすっきりして、

新たな発想が雲のようにわいてくる

と語っている。

 小林昌平

  『「ハッタリ」力、人生再起動の教科書』

    の詳細、amazon購入はこちら↓

       http://amzn.to/1hSOeho

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)