世界の海軍力つまりシーパワーを一貫して支配している = 2-2 = 第1,638号

 これこそ英国の諜報活動やプロパガンダ

の真骨頂で、たとえばBBC放送は、第二

次世界大戦もほとんど真実を放送して

いた。そのためドイツ人も含め、正

確な戦争のニュースを知るため、

世界中の人はいつもBBCを聞いていた。

 ところが決定的な瞬間、ここで負ければ

戦争そのものがイギリスの敗戦に終わる

といった場面で、BBCはあえて嘘をつ

いた。それがノルマンディ上陸作戦だ。

 嘘というのは、滅多につかない人が「決定

的瞬間」についたら、歴史の運命を

変えるほどの効果を持つ。

 「見た目より知性」が最大の魅力。

 ラテン文化というのは、論理が一貫して

いるということ。ラテン文化はギリ

シャ文化に直結していて、論理

の一貫性を重んじる。

 アイデア、思想、概念など、人間の頭の

中で考える世界が、本当のリアルの世界

で、目の前にある事象、具体的存在と

いうのは何の価値も持たない。

 「近代とは何か」というとき、私にいわせ

れば「米英覇権の時代」ということ。アン

グロサクソンのスタンダードが世界的な

スタンダードとなり、価値観となる。

 政治、軍事のみならず、文明や秩序、生産

経済の基本システム、金融・貿易による

世界支配、知識、学問、ほとんどす

べてにわたり、彼らが物質的お

よび精神的リーダーシップをとり続けてきた。

 そのため近代を考えるとき、アメリカ、

イギリスという2つの覇権大国の歴史

をしっかり踏まえたうえで、フラ

ンス、ドイツ、ロシア、日本、

中国、アジア、中東などに

ついて勉強していかねばなりません。

 今後もし、世界金融のシステムに大変化

が起これば、国際秩序や世界政治の構造

は急速に変わる。これはやはり、軍事

力との関係かもしれない。

 米欧諸国の財政と軍事力は世界秩序に直結

している。アメリカとイギリスの共通点は、

どちらも英語を話すというところではな

く、世界の海軍力つまりシーパワーを

一貫して支配している点。世界の

金融も一貫して支配している。

この200年、一度も他に奪われたことはない。

 中西輝政『日本人が知らない

         世界と日本の見方』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/IVgRzd

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください