人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(調理) – 7 – 第 400号

 マイクロ波はレ-ダ-などに用いられてきた。

 これを加熱に使用するという着想は全くの偶然から

生まれ、1945年、アメリカのレ-ザ-設置担当技師が

ポケットの中のチョコバ-が溶けていたことから調理に

使う着想となり、1947年、製品化され発売された。

 日本では、1944年、海軍技術研究所と島田実験所

で、マイクロ波を照射して航空機などを遠隔攻撃

するための研究が行われ、初の実験対象は

サツマイモ!!

ちゃんと焼き芋になったという。

 兵器として実用化されることはなく終戦を迎えた。

 1951年、南氷洋で捕鯨した冷凍鯨肉を超音波を

照射して解凍する技術が東京水産大学である

程度確立していたようだ。

 その後改良が加えられて一般家庭向け

調理器具となる。

 「電子レンジ」の日本における世帯普及率は、

1970年代に10㌫、1980年代中盤で40㌫~70㌫、

2000年代から90㌫台。

 核家族化個食に代表され、簡単に冷凍食品や

調理品を温められる二-ズが増大し

普及していった。

 しかし、その利便性が認められ広く使われて

いるが、人が生きるため必要な栄養素で

あるビタミンやミネラルが失われる

割合で言えば、

   電子レンジ  90㌫近く破壊される

   ゆでた場合  66㌫

   圧力がまでは 47㌫

   蒸した場合は 11㌫しか失われない。

 電子レンジは、マグネトロン(真空管の一種)

という電磁波発生源を組み込んだ調理器具。

 2.45GHzのマイクロ波により食品などを

振動させ、その摩擦熱で温度を上げます。

 この際、食品には急激なエネルギ-が与えられ、

発がん性の活性酵素(フリ-ラジカル)が増えて、

体内で代謝出来ない物質に変性されるという、

怖い変化が起こっている事が、いろんな

研究で明らかにされています。

 つまり酵素が破壊されてしまうため形は残って

いても身体には栄養素として認識されない

可能性があるという事です。

 身体内で活動している細胞には、食べた食物の

成分しかわかりません!

 食べたからと言ってすべて吸収されるわけでは

なく余分なものは排泄される。

 又、マイクロウェ-ブ(超短波で低レベルの放射線)

で細胞内の水成分を大きく振動させて温めるので、

活性酸素も大量に形成されることになる。

 端的(たんてき)に言って、電子レンジで調理した

食品を食べている人はそれだけ早く「老ける」

という事です。(老化については当サイト第 36 号

2015年12月 1」2015/12/7「老化を早める活性酸素+α」

を参考にして頂ければ嬉しい)

 便利で手軽な調理器具なのですが、自分の身体に

とって必要なものか、どうかしっかり見極める

ことが必要です。

 なぁ-んといっても昔からの調理法、ゆがく・蒸す・

焼く・煮る煮込むという、少々手間をかけてでも

美味しくいただくというのが一番では

ないでしょうか。

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)