人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び – 3 – 第 360 号

 自分自身の中にある欠乏感や不足感といった

類いの感覚を、自分以外の人に求めても満た

されるものではない。

 逆にそれを求めた場合、その不充分感覚が増や

されることの方が多くなる、これも「人」という

生物の不思議なところである。

 ではどうして解消するかそれは自分自身で

エイヤ-と気分転換をするしかない。

 今、出来ることを行動に移していくと見え

なかったものが見えてきます。

 思い切って旅に出たり、身近な自然の中に

身体を預けたりして、行動すると気持ちの柔軟

さが働き、未来は勝手にやってきます。

 その感じている欠乏感や不足感の感覚に、適応

したやり方で、心と身体を自身で癒し、手当てし、

バランスを整え、自身の素直な気持ちに、自身が

気付いて受け止め、満たしてやるのです。

 いくら周囲の親しい誰かであっても満たされる

ことはないが、自分自身がその感覚を認めて、

その気持ちに承認を与えてやると、周囲に溢れて

いる素適な思いやりの気持ちや、笑顔が素直に

受け取れます。

 そうすると「人」という生物の感情の面白さと

生きる喜びになるのです。

 自分の中に葛藤があるのは、生きてる中では

当たりまえ、心の奥深くによどみ、消え去らない

思いはその気持ちと丁寧に対話したうえで、

 時には、懸命に折り合いをつけていくべし

多少の妥協は必要だし、全てが自分の思い通り

にはならないものだ。

 この自分自身との対話こそ「人」に与えられて

いる素晴らしい能力の一つではないでしょうか。

 生きてる限り「人」は誰でも等しく「愛別離苦」

の悲しみを味わって強くなり、大きく成長して

いくものです。

 だからいくら辛くてもその経験は、堪え忍び

生きていくのです。

 今 ! この瞬間を全力で生き切ることは非常に

大切です。

 歳を重ねると体の一部の成長は止まりますが、

脳・心・必要な細胞の成長はどんどん進化

します。

 成長する機会を貪欲に作り、学び、経験を

重ねる中で達成感を感じながら、生きる

喜びを知るのです。

 信じる気持ち、強い信念を持つと、とてつも

ないパワ-を持ちます。

 強い信念は一般的な常識と言われている事柄

も覆(くつがえ)すことがあります。

 ぜひ自分自身を信じ強い信念で生き切って

下さい。

 「人」もやはり感情と本能の動物であり匂いを

嗅ぎ分けると言われている。

 自分の利益を求めているのか、相手の利益を

求めているのか。

 香りは「人」それぞれで、好きな人の香り・

嫌いな人の香りに関しても、遺伝子的に自分に

近い人のものは嫌い、かなりかけ離れたという

か自身が持ち合わせていない遺伝子を持つ人が

好まれるようです。

 これは生物学者が調査したもので、本能的に

嗅ぎ分ける何かがあるという事のようです。

 98㌫の「人」が「遺伝子適合」でパ-トナ-を

決めているそうですが、遺伝子に関してはまだ

まだ解明は出来ていないようです。

(香りに関しては当サイト第 94 号「 2016年3月 5」

 2016/03/06「相性がいい?? 異性の体臭はいい匂い

に感じる」を参考にして頂ければ嬉しい)

 今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)