人という生物の不思議さと可笑しさ生きる喜び(食が身体を作る) – 5 – 第 380号

 日本人の長い歴史の中で食文化も変化して

きていますが、今、食べている物が自分の

身体を作っていることを、もっと自覚

しないといけない。

 思い起こせば、若い時は「満腹になれば

いいや」ってもので、かなりいいかげん

な食生活をしていたものです。

 いわゆる暴飲暴食に近いもの、又、情報

操作されているとは露知らず、その情報

を信じ乳製品等はよく摂取したものです。

 牛乳のガブ飲み、夏の暑い時のアイス

クリ-ムや、スポ-ツの後のビ-ルも

当時は美味しいものでした。

 そのせいか胃腸が弱く、よく下痢を

していた記憶があります。

 今はいろいろ体験して来て外食をしなくなり、

毎日、自宅で手作りの食事をしている事や、

乳製品等(食品添加物を多く含んだ

まがい物)を摂取しなくなったことなど、自身

の身体の声を聞きながら生活をしています。

 腸の健康には発酵食品の善玉菌が良いことは

よく知られている、そして複数の発酵食品を

摂ることによって、腸の中での生存競争が

活発になり、より腸が健康になるようです。

 日本人の腸には乳製品を分解する力がない

ので、胃腸を痛めつけ易いと言われる。

 又、日本人の約90%に海藻を消化する遺伝子

を持つ腸内細菌がいるのに対し、外国人では

最高で約15%しかいないと言われます。

 インタ-ネットに溢れかえる各種情報も、比較

しながら俯瞰してみる視点が出来てきたようです。

 インタ-ネットの情報には、多くの人のフィルタ-

(価値観)を通して表現されている為、それぞれ

解釈は多少変わってきています。

 それはそれで尊重して、そのような解釈というか、

考え方もあるのだと理解したうえ、自分で違う

角度から学んで自分の腹に落ちた、考え方を

参考に自分なりに納得した情報を得る

ことが大切です。

 毎日を楽しく、元気に活動するためにも、筋肉

や脂肪は大切ですが、すぐには増やせないので

毎日少しずつ、体内で熱を作り体温を上昇

させる生姜等を食べることで血流もよく

なり必要な身体を作ることが出来る。

 食べ物は出来るだけ「地元」にある「旬の素材」

を調理して楽しみながら食事をすることが心の

安定につながるようです。

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)