人はさまざまな欲と.おりあいながら生きる 第 1,807 号

 グーグルなら、10年先の世界・日本経済

まで見えます! 今注目のビジネスがわかる

 経済が面白くなる! グーグルの秘密がわかる!

お金の儲け方がわかる! ビジネスの現場で

役立つ知識が身につく!

 サブプライムローン・ドル安・食糧急騰・

格差社会…。「経済のしくみ」は、ここ

数年で大きく変わった。もう「これ

までの経済」を学んでも、意味

はありません。

 今あなたが学ぶべきなのは、「これからの

経済」。大丈夫、難しくなんかありません。

激動の「新・経済学」を「グーグル」を

キーワードに学ぼう。「グーグル経済

学」なら、楽しく学べます。

 この本は、グーグルから最先端の経済、

会計、金融、ビジネスを学ぶ本です。

 グーグルで、経済が「エンター

テイメント」になる。

 実は、会社の業績をチェックするために一般

の人が見ておくべきポイントは、

たった3つでOKだ。

 1.売上高。

 2.営業利益。

 3.当期純利益。

 グーグルの必勝ビジネス戦略。グーグル成功

のキーワードは、「徹底無料サービス」

と「ネット不動産」。

 「手軽」で「低コスト」は、古今東西

を問わず、ビジネスの王道。

 ビジネスの基本は、「損して得をとれ」。

 外側から見えない「金のなる木→超強力な

キャッシュ・ポイント」。ネットという

「圧倒的な通信網」の幹線道路で覇者

となったグーグルは、次のステップ

で強力なキャッシュポイントを

作ることに成功する。

 M&Aの成功条件。

 1.相手の持つ「豊富な経営資源」が、

まだ十分に生かされていない。

 2.シナジー効果が見込める。

自社の持つキャッシュポイントを相手の

経営資源に載せると、爆発的な

収益アップが見込める。

 3.買収後、相手の従業員と

友好な関係が築ける。

 いずれにせよ、グーグルのyoutube買収プロ

ジェクトが一見高い買い物に見えながらも、

よくよく分析してみると、検索数の

シェア拡大と収益アップの

戦略があったことがわかる。

 ミクロ経済学の「売れる」大原則。

♠高品質より、レアなもの。

 言うなれば、経済は、人間のもつ欲求が織り

成す「エンターテイメント」。人は誰もが、

「より豊かに暮らしたい」「命の危険

にさらされたくない」「刺激的で

ドキドキワクワクしていたい」といった

さまざまな欲とおりあいながら、

毎日を過ごしている。

 柴山政行『グーグル経済学。10年後

    にトップに立てる新経済学入門』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/1mrT7jg

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください