人一倍健康になれる仕組みを開発しました 第1,370号

こんにちは、

岡田です。

前回は「ゆがみが無くなればどんな施術でも良い」でした。

https://ameblo.jp/baffaro7/entry-12455966536.html

細かい違いにこだわるよりも大局観や志を優先、

どうつながっていくべきかという内容でした。

今回は歩行整体メソッド、第一の矢関連のお話です。

—————————

歩行整体メソッドとは、

三本の矢による、

回復から若返りに至る整体のしくみ。

第一の矢 ゆがみの潤滑整復術

第二の矢 ゆがみのトレーニング

第三の矢 ゆがまないセルフケア法

—————————

毎年恒例のバーベキューパーティに参加、

技術開発系のK氏と熱く語り合い意気投合しました。

今日はその辺のところをにフォーカスします。

K氏とは、志が近く良い影響を与え合っている関係。

二人とも、治療家ではあるのですが、

治療家を卒業しようとしている点も同じ流れにいます。

なぜなら、広がりの限界を感じているからです。

特に、何かを一緒にしているのではなく、

それぞれ考えながらコツコツと歩んでいるのですが、

なぜか、結論は非常に近いところに行きます。

使命感が似ているからでしょうね。

K氏は、特殊な器具を開発して特許もとっています。

この器具は、シンプルなものですが、

難しい技術を簡単にするための器具で、

長年の経験で培った知恵がギュッと詰まっています。

いままでだったら習得に10年以上かかるような、

難易度の高い技術も、

基礎知識と使い方を学ぶと簡単にできてしまう。

高度なテクニックを簡単な器具で可能にする、

見た目はシンプルながら画期的な発明といえます。

この発明によって喜ぶのは誰でしょうか。

ここが一番のポイントですね。

一番喜ぶのは、もちろんクライアントです。

いままで、どこに行っても治らなかったものが、

治るようになるのですから当然ですね。

たとえば、腕のしびれが取れない、

足のしびれや痛みが取れない、

こういうのが解消するわけですから。

次に喜ぶのは、整体師や治療家の人たちです。

今まで直せなかったものが直せるようになる、

腕が上がったように結果が出るのでうれしいですね。

まあ、実際に腕が上がるわけです。

つまり、みんなが幸せになるための技術、

これを実現する器具を開発したのだからすごい。

この原動力は使命感です。

使命感があればこそ、

孤独の中を耐えることができ、

先行投資と試行錯誤の末に良いものができる。

治療家として、

技術を伝える難しさがわかっているから、

使いやすい器具を介して技術革新する。

使命感があればこそ達成できたのだと思います。

わたしもK氏の器具を使っていますが、

日常の臨床で時短に役立っています。

これによって、効率がアップしました。

さらに、未来ビジョンにも組み込まれつつあります。

わたしも、技術の伝承を過去何度も試みましたが、

ことごとく失敗しています。

理由は、繊細な技術を伝えきれないからです。

なので、この器具の価値がよくわかります。

わたしも、不調を抱える人が、

人一倍健康になれる仕組みを開発しました。

これが「歩行整体メソッド」ですが、

治療技術の優劣による差が埋められない、

ここが悩みの種でした。

これを埋められる方法として、

K氏の器具を使う方法が急浮上してきたのです。

この方法を導入することで、

第一の矢のクオリティを保つことができる。

もちろん、基礎知識は必要ですが、

短期間で高度な技術の習得が可能となります。

これによって、

今までとはケタ違いの技術が手に入るでしょう。

これは、わたしにとっても大いに朗報です。

第一の矢は、

アウトソーシングできることを意味しているからです。

歩行整体メソッドの第一の矢は、

高い診断力とともに相応の技術が必要ですが、

短期間で養成できるようになるでしょう。

私も使命感に生きていますが、

K氏と同じように、

できるだけ多くの人の役に立ちたいと願っています。

第二の矢と第三の矢は、

あくまでも、軽度のゆがみが対象なので、

対象者は多いし結果も速く現れます。

それに対して第一の矢の段階では、

対象者は限られますが、

一番何とかしてあげないといけない人たちです。

いづれ、このアウトソーシングが実を結び、

このしくみが機能するように、

今やるべきことをキッチリ進めていきます。

まずは、↓ すそ野を広げることから。

————————-

新発想!立ったまま行える体幹トレーニング

(筋肉絞り体操/姿勢改善編・実技セミナー)

・5月31日(金)14~16時(天王寺)

・6月 5日(水)18~20時(天六)

・6月15日(土)18~20時(天王寺)

・6月28日(金)14~16時(天王寺)

セミナーの日程表は↓から

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/21054

各7名限定にて開催。

『10年後の常識!健康のツボ』

第626号 2019年4月30日

発行者 健康水先案内人/岡田宰治

公式サイト http://ameblo.jp/baffaro7

人類健康化の水先案内人/岡田さいじ

さんのブログより転載許可を得て掲載

  今回も最後までお読みくださり、

      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください