人間は笑うから楽しい生き物なのだ 第 885 号

 本書は、脳神経外科専門の救急外来で腕を

磨いた脳神経外科医ならではの知識と経験

をベースに伝える「死なないカラダを

つくる」ための教科書です。

 以下の5つの習慣を若いころから身に

付けておけば90歳を過ぎても、だれ

の手も借りることなく元気に生活

できてある日、ぴんぴんころり

と世を去ることができるのです。

習慣1)ワクワクする人生の目的を立てる

習慣2)今までの生活習慣を点検し改善する

習慣3)外見に気を配る

習慣4)小さい不調も放置しない

習慣5)死に至る病気の遺伝子的要素を知る

 各習慣の詳細は、

 ・まず自分自身の余命を意識し「ワク

 ワクするビジョン」を立てる

 ・ウォーキングは距離より早歩きが大事

 ・毎日4時間以上座ると寿命を縮める

 ・眠りの質と寝具を徹底的に見直す

 ・おしゃれや容姿に気を配りはじめる

 だけで体年齢は、どんどん若くなる

 ・毎朝鏡を見て笑うだけで免疫力が高まる 

 ・散歩や旅行に制限をかけると脳は若返る

 ・喫煙や飲酒で癌になるかどうかは

 遺伝子チェックでわかる

 「今日という日は、残りの人生の最初

の一日」

(映画、『アメリカンビューティ』のセリフ)

 マンネリ化は、老化のはじまり。

 日々新しいことにチャレンジして、どき

どき、わくわくしながら人生を楽しむこと。

 これが脳を若返らせる秘訣。

 「明日、死ぬかのように生きなさい。

永遠に生きるかのように学びなさい」

           (ガンジー)

 人間は楽しいから笑うのではなく、

笑うから楽しい生き物なのだ。

 「認知症」を予防する6つの習慣。

1.積極的に魚を食べる。

2.積極的に禁煙する。

3.コーヒー、緑茶で認知症を予防する。

4.お酒を飲むなら、フラボノイドを

 含む赤ワイン。

5.耳が遠くなったら、補聴器を買う。

6.仲間を増やせば、認知症に

 なりにくい。

 人とコミュニケーションをとり、相手

に認められたり、喜んでもらったり

すると、うれしいものだ。

 このとき、脳では、ミラーニューロン

が活動する。

 ミラーニューロンを活性化することが、

脳を鍛える。

 一生は一度きり。

 やりたいことを、やりつくすために

自由な心とカラダを手に入れよう!

 菅原道仁『死ぬまで健康で

       いられる5つの習慣』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/2Bnf01W

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください