会話を上達させる魔法それは「人を好き」になることに尽きる 第1,077号

 日本語が話せるからといって、うまい

会話ができるという保証はない。

 相手を唸らせ、感動させ、喜ばせ、楽し

ませるためには、それなりの“術”

を学ばなければならない。

 「話し終えても、相手の顔を見つめ続

けて余韻を残す」「会話中、一度は

笑わせられる冗談を言えるよう

にしておく」「相手が返事

をしたくなる挨拶の言葉

とは?」「あまり高い

望みを持たない」など、

人の心理を読み、会話を自分

の「武器」とするための

コツが詰まっている。

 話のネタは、珍しいものであれ。

 話のネタを集めてくるときは、なる

べくだれも知らないことがいい。

 マニアックな雑誌、漫画、業界紙、深夜

のテレビ番組はネタの宝庫である。

 気の利いたセリフをいいたいのなら、

気の利いたセリフを丸暗記して

おかなければならない。

 その努力を厭わない人だけ

が、話し上手になれる。

 言葉に頼るな、手を使え。

 相手を喜ばせることを第一に考えよ。

 できる人間になりたいなら、「できる」

という暗示をかけろ。

 とにかく話せ、会話力の向上

は練習量に比例する。

 会話は試験ではなく、ゲームだと思え。

 すでに話し上手になった自分を演じろ。

 心理的に萎縮しがちな人は、財布に

現金をたっぷり入れておけ。

 たとえ話を多用せよ。

 フランスでは「小学生にでも理解できる

ようなスピーチができなければ、大統

領になれない」といわれている。

 冗談のひとつやふたつは、必ず

いえるようにしておけ。

 切り返しのコツは、発想の柔軟さ。

 会話を上達させる魔法。

 もし仮にそんな方法があるとすれば、そ

れは「人を好き」になることに尽きる。

 内藤誼人『武器になる会話術』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

   http://amzn.to/13nSK5z

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください