何か「これが自分の売りだ」というものを身につけることが大切 第 1,771 号

ザ・リッツ・カールトン・ホテル」を日本に
根づかせた伝説のホテルマン・高野 登さん。

内気な性格だったという幼少期から、
ホテルマンへの憧れを抱いて渡米し、
リッツ・カールトンでお客様の感動を超えた
超一流のサービスを提供するホスピタリティ
の第一人者となるまでには、「無我夢中」
の20代があったといいます。

★『致知』でいまを生き抜く教養と見識を
 高めよう!   購読・詳細はこちらから  

………………………………………………………

プラザホテルへの道が開かれたのは全くの偶然です。
囲碁が好きだったので、ニューヨークにある
囲碁クラブによく足を運んでいましたが、遊ぶ場の
ため、会員とは名刺交換など一切していません。

通い始めて2年程経った頃、あるおじさんから、
「君はホテルマンだっけ? 
知り合いが日本人を雇いたいと言っているんだ」
と声を掛けられました。それから名刺交換を
しましたが、その時初めてその方が日本航空
米州地区総支配人だと知りました。

加えて、知人というのが長年憧れを抱いていた
プラザホテルの総支配人だったのです。
驚きを隠せぬまま二つ返事で面接に伺いました。

面接では、プラザホテルに初めて行った際に
衝撃を受けたエピソードや、いつか働くことを

夢見て勉強を重ねてきたことを滔々と伝えました。

私が学んできたことはPR部長さえも知らない

マニアックな情報も入っていたようで、大変

驚かれながらも、晴れて1982年、28歳の時に

プラザホテルで働けることになったのでした。

駆け足に私の20代の歩みを追ってきましたが、
何か1つでも「これが自分の売りだ」という
ものを身につけることが、時間に余裕のある
20代には大切だと思います。

★……この続きはWEBchichiにて公開中!

詳細はこちら 

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください