何とか乗り越えられるだろうと思えるようになる 第 1,753 号

 24歳フリーターから、最高年収10億円。

弁護士として5年、独立して1年全く無

名だった男が、最高月収2億円を稼

いだ最強の仕事術。「論理的思

考力」と「直感的実行力」

を身につける。

 不動産投資、レストラン・モデル事務所・

人狼ゲーム店舗の経営等、幅広く活動。

 プライベートではエベレスト登頂を果たし、

冒険家グランドスラム(世界七大陸最高峰の

登頂及び北極点と南極点到達)に挑戦。

在、エベレストを含め、七大陸最高峰

と南極点を制覇している。

 今日から3年間、一度も「忙しい」

と言わずに生活する。

 私は弁護士になって最初の1年、2年目は

土日祝日を問わず、毎日平均的に朝10時

から深夜1時まで仕事した。休み

は週に半日くらい。

 こういう仕事のスタイルは、激務とかブラ

ック労働と呼ばれるかもしれない。しかし、

「経験」を対価と考えている私からすれ

ば、毎日たくさんの経験を得ることが

でき、掘れば掘るほど宝物が出てく

るような、なんてお得な環境なのだと思った。

 もし独立したてで時間が余っているけれど

仕事がない、という人がいれば、完全無料

で受任していけばいいと思う。報酬は手

に入らなくても、経験はどんどん

積むことができる。

 スピードと時間量は、誰でも

持ち得る武器である。

 弁護士として独立するとき、東日本大震災

の被災者支援業務に携わった。原発事故に

よる風評被害対策業務については、1年

以上かけて「原発事故」「風評被害」

というキーワードが入った過去の

判例や出版されている専門書や

文献は、ほぼすべて読み込んだ。

 このようにスピードと時間量で誰にも負け

ないと思えるようになると、仕事が立て込

んできても、失敗しそうになっても、他

人に負けない圧倒的なスピードと時間

量という武器があるのだから、何と

か乗り越えられるだろうと思えるようになる。

 スピードは最強の専門性になる。

 いまは高級な生活スタイルを楽しんでいる

が、同時に貧乏な生活スタイルも楽しんで

いる。仮にホームレスになったとしても、

落ちている食べ物を見つけやすい場所

や時間の統計をとって戦略を練って

みるなど、生活を楽しむ自信がある。

 失敗しても、経験は確実に蓄積される。

 福永活也『日本一稼ぐ弁護士の仕事術』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2OcSqoj

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください