偉い人間になんかならなくていい.立派な人間になれ!! 第1,515号

現在、タレント、俳優としても活躍する
ガッツ石松さん。

WBC世界ライト級チャンピオンにも輝いた
ガッツ石松さんのボクサーとしての原点と、
お母様との心に染みるお話をご紹介します。

…………………………………………………

 ガッツ石松さんを支えた母の言葉

…………………………………………………

俺だって本当は高校に行きたかったけど、
そんな余裕がある家庭じゃないからね。

じゃあ、何も持たない自分が
這い上がるにはどうすればいいか。
体一つで戦えるボクシングしかないと思った。

とりあえず近所の人の紹介で
東京の会社に就職しました。

入社してすぐ、会社のみんなで
元フライ&バンダム級で世界チャンピオンの
ファイティング原田さんの試合中継を見ていた。

その時、俺は社長さんに

「俺もボクサーになりたいから、
ボクシングジムに通わせてください」

と申し出た。すると社長さんは、

「おまえみたいな人間が、
 あんな偉い人間になれるわけがない」

と言ったね。

まだ十五だよ。ショックだったね。
ああ、東京も田舎も一緒だ。
俺みたいなやつにチャンスはないんだ、
と思って、すぐに会社を辞めて田舎に戻った。

村の人たちに見つかると

「あそこの息子、もう仕事をやめて帰ってきた」

と噂されるから、真夜中にひっそりと帰って、
昼間、誰にも見られないようにふるさとを
歩いたんだ。

山、川、田んぼ、畑……。
ふるさとの自然に抱かれているうち、

「よし、俺はやっぱり東京へ行く」

という思いが湧いてきた。

もう一回上京する日、おふくろは
いつも通り朝早くに土方仕事へ
出て行った。

帰ってきた数日間も、忙しくて
ろくに話もできなかったから、
駅に向かう途中に仕事場に
立ち寄ってみたんだね。

「もう一回東京へ行ってくるぞ」

と言うと、おふくろは泥だらけの手で
前掛けのポケットをゴソゴソやって、
一枚の千円札をくれたんだ。

俺がいつも悪さばかりしていたから、

「サツ(札)はサツでも、
 警察のサツは使えねえぞ」

と言ってね。

そして、ハラハラと涙をこぼしたかと思うと、

「偉い人間になんかならなくていい。
 立派な人間になれ」

と言った。うちのおふくろさんは学歴は
ないけど、やっぱり苦労を重ねて生きて
きた人だから言葉に力があったよね。

すっと心に沁みて、それはいまも忘れない。

結局、その時もらった泥のついた千円札は
ずっと使えなくて、いまでも大切に
持っていますよ。

      『致知』2005年5月号より

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください