力のある者が必ず勝つとは限りません 第 1,781 号

「兵は拙速(せっそく)を聞くも、
 未だ巧(こう)久しきを睹(み)ざるなり」

これは『孫子の兵法」にある一節です。

渡部先生は、この講演録の中でたった一つ
言いたいことを、この『孫子の兵法』に
見事なまでに集約させています。

人類の歴史は、戦いの歴史といっても
よいでしょう。これまでに世界各国で
様々な戦いが繰り広げられてきました。

もっとも、いつの時代でもそうですが、
力のある者が必ず勝つとは限りません。

兵力では圧倒的な差があっても
機転によって大逆転してきた
事例はいくつもあります。

では、勝負の境目はどこにあるのでしょうか。

その答えは、渡部先生が引用する

「兵は拙速(せっそく)を聞くも、
 未だ巧(こう)久しきを睹(み)ざるなり」

という言葉に尽きるのです。

本講演録で、えりすぐった事例を通じて、
勝者の条件を見事に浮かび上がらせます。

仕事や人生にも応用できる
渡部先生ならではの視点を、
本講演録を通じてぜひ掴んでください。

    ───────
     【収録内容】
    ───────

・勝敗を分けるたった一つのこと

・桶狭間に見る小が大に勝秘策

・鉄血宰相・ビスマルクの勝負哲学

・ナポレオンの最後の過ち

・ガダルカナル島の戦いとバブル崩壊の
  敗因は同じだった

    ───────

CD「勝者の条件―勝者は勝つべくして勝つ」
講師:渡部昇一

致知出版社の人間力メルマガ

 今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください