動いている物同士をどうやって線で繋ぐかという難しい問題 第1,554号

ノーベル化学賞に決定した
旭化成の吉野彰名誉フェロー。

商品化が困難とされていた
リチウムイオン(充電式)電池の
研究開発をいかにして成功へと導いて
いったのか。

月刊『致知』2019年3月号に
登場された時のインタビューに、
研究にかける信条が語られています。

………………………………………………

(これまでの経緯を踏まえて、
 優れた研究をするために大切なことは
 何だとお考えですか?)

基本的には極めて単純な話です。
自分が持っている知識、
あるいは技術といったシーズ(種)と、
世の中で必要とされているニーズ、
この二つを線で結びつければいいだけの
ことなんです。

ところが厄介なことに
シーズもニーズも日々変化していく。

技術というのは日々進化していくので、
昨日まで不可能だったことが
翌日には可能になることがある。

また、昨日までは世の中で
必要とされていたことが、
ある別の製品の開発によって
わざわざ研究する必要がなくなること
だってある。

つまり、動いている物同士を
どうやって線で繋ぐかという、
非常に難しい問題なんです。

それがどれほど難しいかというと、
何か難しいことを表現するのに
「針の穴を通す」という言葉がありますよね。

実際の研究開発では、
ジェットコースターに乗りながら
針の穴に糸を通すようなものだと僕は
思うんです。

だからこそ、先ほど話したように
五年、十年先のことを先読みできるかが
大事になってくるんです。

目の前のニーズをいくら追いかけても、
時間の経過とともにいずれそこからいなくなる。

いま見えているターゲットに弾を撃ったところで、
研究開発の世界では絶対に当たりません。

そうではなくて、あっちの方向に向かって撃てば、
こういう軌道を描いて当たるだろうと考える。
そういう読みが大切ですね。

それと、もう一つは……

★優れた研究をするために大切な
 もう一つの条件とは?

このインタビューの全文は、
『致知』2019年3月号でお読みいただけます。

 今回も最後までお読みくださり、

       ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください