勝負の決め手は脳みその数だ! 厳密にいうと体験の数だ!! 第 831 号

 クラウドファンディングで国内歴代最高と

なる総額1億円を個人で調達し、絵本『え

んとつ町のプペル』を作り、30万部

突破のメガヒットへと導いた天才

クリエイターが語る、“現代の

お金の作り方と使い方”と

最強の広告戦略、そして、

これからの時代の働き方。

 うだうだ語るのも面倒なので、結論を言う。

 「お金」とは信用を数値化したものだ。

 お金を稼ぐな。 信用を稼げ。

 「信用持ち」は現代の錬金術師だ。

 自分の本を売りたいのなら、ライバルの

作家の売り上げに貢献しろ。

 ライバル作家の作品がヒットすれば、

より多くの人に本屋に足を運んで

もらえるようになり、自分の

本を見つけてもらえる機会も増える。

 本を売りたければ、自分で1万冊買え。

 そこで必要なのは「財力」ではない。

 「努力」だ。

 売れない作品は存在しない。

 キミの作品が売れないのは、キミが

「売っていない」だけだ。

 負けようがない下準備をする。

 負けない下地を作って頃合を

見計らって勝負に出る。

 答えはいつも「行動」が教えてくれる。

 需要を事前に知れる時代に、需要を

事前に知る努力をサボり、延々と博

打を続けているのが出版業界だ。

 どういう人間が待ち合わせ場所として

重宝されるかというと、とにかく

行動する人間だ。

 アイデアの「良い実験台」になって

くれる人間だ。

 勝負の決め手は脳みその数だ。

 厳密にいうと、体験の数だ。

 勇気のせいにしてはいけない。

 今、あなたが行動できていない理由は、

あなたが情報収集をサボっているせいだ。

 努力だ、圧倒的努力。 これに尽きる。

 行動しよう。失敗したら、取り返せばいい。

 大丈夫。

 西野亮廣

  『革命のファンファーレ:

       現代のお金と広告』

    の詳細,amazon購入はこちら↓

      http://amzn.to/2wKfi18

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

             ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください