参加者同士で発酵に関する情報を活発に共有し合うようになった = 2-2 = 第1,175号

 自分でも笑ってしまうほど成功せず、その

試行錯誤する様子を投稿することで、誰

かが笑ってくれたらいいなという思

いで、毎日失敗作をシェアし続けました。

 すると、あっという間にメンバーは100

名を超え、参加者同士で発酵に関する

情報を活発に共有し合うように

なったのです。

 そして既にコツを掴んでいる方がグルー

プに参加し、指南してくださったこと

で私の腕も上達しました。

 現在、このグループでは豆乳ヨーグルト

だけでなく、梅干しや甘酒、漬物、味

噌、天然酵母パン、ぶどうや柿の

果実酢など発酵食品全般に関

する投稿がなされ、会員

数も1万5,000人を有

するまでになっています。

 『致知』2018年11月号【最新号】

     特集「自己を丹精する」P56

───────────────────
2 読者が選んだ『致知』の言葉/特集総リード
───────────────────

 あんたたちが自分の仕事に誇りも持て

へん。世間からは、きつい、危険、

汚い、レベルの低い社員って

思われているのが私は

悔しくてたまらんのや。

 そやから私は木鶏会を通じて本を読む力、

文章力、発言力をつけてあんたたちが

世間に馬鹿にされない、自分の仕

事に誇りを持てる会社にしたいんや。
         (特集総リードより)

  廣瀨眞弓(ヒロセ社長)

『致知』2015年8月号特集「力闘向上」

     ─────

 「偉そうに言うな!」「たかが警備員

が!!」等の言葉を浴び仕事への自信を

失う等心折れる警備員が多くいます。

 これでは真剣の戦いである仕事の遂行

も個々の向上も望めないと悩んでい

た折、「力闘向上」全文を指導

教育時に受講者と共有しました。

 我々の仕事はあらゆる階層の人達を対象

とし、我々の一挙手一投足が安心安全を

形作っていることは論を待ちません。

 これを機に先ずは「日々の仕事を通じて

思う事」と銘打ち各自に発言の場を設け、

応対辞令等一人ひとりの資質向上を

図り更には業界全体に行き渡ら

せようと誓い合うまでに昇華出来ました。

   ───西川紀代行さん(京都府) 

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください