取るべき栄養が事足りてしまう万能な鍋料理 第 843 号

 酒と寝不足で肝臓“ボロボロ”から

奇跡の生還!!

 当時球界一の頭脳派左腕が蘇る

までのドキュメント。

 そのパワーの秘密は家庭での

独特な食事法にあった。

 工藤本人と夫人がその”魔法のレシピ”

を伝授する

 すべての鍵はその胃袋にあった。

 「食べることも大きな仕事の一つ」工藤自身

も食への関心は生半可なものではない。

 食事の原則は「粗食」。

 工藤夫人のいうところの

基本となる粗食とは。

 おかずは、豆類、椎茸、昆布、野菜

そしていい水を飲むこと。

 万能料理、鍋物。

 工藤夫人が落合家から学んだものが

ある! 鍋物だった。

 取るべき栄養が大きな一つの鍋でほとんど

事足りてしまう万能な料理である。

 工藤はほとんど朝ごはんを食べない。

 意外な言葉である。

 旬にこだわる。

 工藤夫人がこだわり続けていることがある。

 キーワードは、旬である。

 最大のタブーは、食品添加物。

 工藤夫人のゴールデンルールで作られた

出し汁がそれである。

 昆布、干し椎茸、ほたて、鰹節で

とった出し汁である。

 ここに特別な塩を一つまみ入れると、

元気の源が完成するのだ。

 少しの調味料はまがい物でなく本物を

使うことで体が変化していく。

 自主トレ期間の主役は、「玄米」

 米をたくさん食べて、トレーニングして

作った体にまさるものはない。

 うなぎは最高のスタミナ食。

 黒井克行

  『工藤公康・42歳で

    146kmの真実。食卓発の肉体改造』

      の詳細、amazon購入はこちら↓

        http://amzn.to/1eRnrjw

 今回も最後までお読みくださり、

                      ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)