台湾海峡を封鎖されたら日本経済は大打撃をうける 第 708 号

 元米軍人だから書ける「アメリカの本音」日米

同盟は最長でも2050年で終わる! そのとき

日本が中国の属国になりたくなければ何を

すべきか? 尖閣事件に象徴される脅威

を前に、世界の最前線で戦ってきた

日本生まれの元米軍将校が警鐘を鳴らす

 ひとくちに日米同盟というが、本来、同盟

とは同レベルの国同士が結ぶ条約だ。

 その証拠に日米安全保障条約には、「破棄通告

から1年の期間をおけば、いつでも条約を破棄

できる」という条項がしっかりある。

 このことを理解しておかないと、ある日

突然、米国から条約破棄を通告されて、

慌てふためく事態になる。

 現状で日本の国防は米国なしには考えられ

ないため、これは有事の場合、「日本が

消滅」することを意味する。

 しかし、冷静に考えてください。

 武力の「武」という字は、「戈を止める」

と書く

 争いをなくす、という意味がある。

 武士はむやみやたらと刀を抜くのではなく

抜かずに済むならば耐えて事を収め、

敵に対しても情けをかけた。

 しかし、いざ刀を抜いたときに

錆びていては武士の恥だ。

 だから、常に侍は研ぎ澄まされた刀と、一刀

両断できる技を磨いて鞘の中に収めていた。

 日本刀を持ったサムライとは、武力とは、

尊く奥深いものではないでしょうか。

 残念ながら現在の日本では、武力とはまるで

悪いことのように解釈されている。

 私は日本で空手や剣道などの武道を習ったが、

そこには必ず礼節を重んじる心があった

 道場に出入りする際には神前に向けて

一礼する。

 そして練習後には必ず道場訓を唱えた。

 アメリカへ行って理解したのは、ボク

シングや総合格闘技を練習する場所

は、道場ではなくジムだ。

 神棚もなければ道場訓を唱えることもない。

 アメリカには、スポーツマンシップという

ものが確かにあるが、武士道には

ほど遠いものだ。

 そうした経験から、日本人とはとても

崇高な民族なのだと気がついた。

 日本を出たことによって、日本の外から武士道

というものを改めて発見することができた。

 沖縄は、「キーストーン・オブ・パシフィック」

(太平洋の磁石)だ。

 日本人にとっても、日本という国を「大坂冬の陣」

の大坂城にたとえれば、沖縄は「真田丸」なのだ。

 太平洋戦争を思い出してください。沖縄が陥落

して3か月後に、大日本帝国は全面降伏した。

 沖縄が落ちれば、もう全部負け。

 だから絶対に落とせない。

 米国の対中戦略を考えたとき、太平洋に進出

しようとする中国を食い止めるために絶対

必要な最重要拠点が「沖縄」だ

 沖縄に米軍の大きな戦力がいることで中国の

太平洋進出を阻み、台湾侵攻を諦めさせている

 その厳然たる事実を見れば、この点

で日米の国益は一致している。

 歴戦の鬼軍曹がいる軍隊はビシッと引き締まる。

 わたしの訓練教官だったベルダ軍曹の、ソマリア

にいたんだという実戦経験に裏打ちされた自信

を伴うオーラには、当時新兵だった自分

もビビったものだった。

 日本がもっとも警戒すべきなのは、

実は台湾有事のほうだ。

 こちらは朝鮮半島有事よりも、日本の

安全保障を根底から揺るがす。

 中国が欲しいのは、まず台湾だ。

 でも、ひとたび台湾が落ちてしまえば、中国は

いつでも台湾海峡を封鎖できるので、日本経済

と在沖縄米軍に大打撃を与えることができる。

 台湾海峡には日本のタンカーや貨物船がそれ

こそ数珠つなぎのようになって航行している

 それを止められたら、日本経済は

ひとたまりもない。

 飯柴智亮『日米同盟崩壊』

  の詳細,amazon購入はこちら↓

    http://amzn.to/2gUBcGP

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)