周囲の方々に助けられ.教えられていまがある 第1,105号

1 なお進まん、94歳老舗経営者の心意気

2 今日の「一日一言」/自己内発的な夢

───────────────────

1 なお進まん、94歳老舗経営者の心意気

───────────────────

 津田 佐兵衞(井筒八ッ橋本舗オーナー)

───────────────────

 京都の老舗、井筒八ッ橋本舗。

 そのオーナーを務めるのが御年94歳

の津田佐兵衞さんです。

      ─────

──家業を継がれて今日に至るまで、最も

大切にされてきたことはどんな

ことでしょうか?

 私は経営者としては二流三流の人間です

から、難しいことは考えずに、先祖

からの流れを守ろうという思い

で家訓を大事にしてきました。

 特に第一条にある「利益よりも永続」

は一番大事にしてきました。

 よく他業者の方は損して得取れという

ようなことを言いますけど、うち

では損はしない代わりに儲

けることもするなと。

 利益を上げるために目標を定めるん

やなしに、いつまでも商いを続け

させてもらえるよう、いい材料

で一番いいものをつくると

いうのが私らの商売の

仕方なんです。

──それが企業を永続させる

ための秘訣であると。

 おかげで利益はいつも少なかったです

けど、家訓を大事にしてきたからこそ

会社も徐々に大きくなって、200名

を超える従業員を抱えるまで

になりました。

 ですから私はいつでも家訓のことを一番

に考えていますけど、あとは至って

普通の人間です(笑)。

(中略))

 ただ、この年まで生きてみてつくづく

思うのは、ただ長生きするだけでは

ダメだということです。

──長生きするだけではダメ。

 ええ。生きて仕事をすることです。

 私は生きている限りは働き続ける

ことが人間としての一番正しい

生き方だと思うんですよ。

 昨年のことですが、宮﨑秀吉さんという

106歳にして100メートル走の世界記

録を持つ方とお会いしましてね。

 ものすごくお元気な方で、その影響で

私ももっと頑張らないかんと気張り

出して、それ以来仕事の量を増

やしてやっているんです。

──それはすごいですね。

 息子はいったい何が起こったんやと心配

しておるようですけど(笑)、宮﨑

さんのおかげで私は前向きになりました。

 他にも最近になって変わったことと言

えば、何かにつけて周囲の方々に助

けられ、教えられていまがある

ということをしみじみと感

じるようになったことです。

 家訓にも「お客様に感謝、社員に感謝、

仕入先に感謝」とありますけど、とに

かく様々なご恩に対する感謝の思

いから、恩返しをしていきた

い、人のためになること

やったら何でもやり

たいという気持ちでいます。

 感謝報恩に生きていきたいというの

が、いまの私の心からの思いです。

      ─────

 若い頃は生物学の研究者を

目指していた津田さん。

 30歳にして一転して経営の道に入られ

た経緯にはなにか運命的なもの

が感じられいます。

『致知』2018年8月号

      連載「生涯現役」P104

───────────────────
2 今日の「一日一言」/自己内発的な夢
───────────────────

 自己内発的な夢というのは、

そこに喜びがある。

 喜びを抱いて努力すること

が、運を呼び寄せ、人生

を開く鍵になると思うのである。

     『渡部昇一 一日一言』

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください