多くのお金持ちにとって食事や飲み会は投資なのだ = 2-2 = 第 895 号

 お金持ちはすべて自分のせいにする。

 お金持ちになれる人というのは、なかなか

人にはできないことを実現しているので、

多くの優れた面を持っている。

 その中でも特にすごいのが、結果の

すべてを自分のせいにできる

精神力の強さである。

 移動中の打ち合わせは定番。

 あるIT企業のオーナー社長は、明らか

に電車のほうが早いという場合を除

くと、基本的にタクシーを移動

手段に使っている。

 彼がタクシーを好むのは、移動中に携帯

電話やメールで連絡や簡単な打合せ

を済ませてしまえるから。

 お金持ちは混雑が嫌い。

 あるお金持ち夫妻の泊まるホテルは、

全室スイートやコテージタイプと

いう高級なところばかりである。

 お金持ちが待つ時間を嫌がるのは、おそ

らくその時間がもったいないからである。

 待たされるということは、自分の時間

を浪費して相手に供与している

のと同じである。

 お金持ちの子供は、お金持ちになり

やすい体質を持っている。

 これは、相続で資産を引き継ぐ

という意味ではない。

 おそらく、お金持ちの家に生まれ育つ

ことによって、自然とお金持ちになる

ための立ち振る舞いや思考が見に

つくものと考えられる。

 お金持ちは複合処理が得意。

 他人の儲け話の真偽を確かめることは、

それほど難しいことではない。

 まず、本当に儲けている場合は、包み

隠さず正直にしゃべることが多い。

 自分から詳細を明かさなくても、こちら

から質問すると案外気軽に答えて

くれたりする。

 お金持ちになりたければ、早く動き出せ。

 お金持ちになる人は、ふつうの

人とは思考回路が異なっている。

 「お金持ち脳」になるためには、

早ければ早いほうがよいのだ。

 お金持ちになりたければ、

年配者の意見は無視しろ。

 お金持ちは若者に説教などしない。

 年配者に話を聞くときは「事実

関係」に徹すること。

 年配者の話が非常に有効なこともある。

 昔はどうだったのかという事実関係

だけは年配者に聞かなければ

わからないものだ。

 ニッチな分野の具体的な話題は本など

には載っておらず、生の話を聞く

しかないからだ。

 お金持ちは若いうちから

贅沢を経験している。

 生まれつきのお金持ちは当たり前として、

後からお金持ちになった人も、多くが若

いときからそれなりに贅沢をしている。

 贅沢というのは、高価だが良質な商品を

買ったり、それなりに高級なところで

飯を食っている、という意味である。

 若いうちから質の高い商品やサービスに

接することの最大のメリットは、価格と

品質の関係性を肌身で理解できる

ようになることである。

 価格形成の理論などを考えればわかる

ことであるのだが、体験すること

に勝るものはない。

 高級な製品やサービスを体験した

ことがあると、質と価格との関係

が体でわかるようになる。

 これは、お金を稼ぐ上で極めて

重要なスキルである。

 「そんなこと知っているよ」と言うな。

 ラッキーであることを否定するな。

 加谷珪一『お金持ちの教科書』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

    http://amzn.to/1kHhNbm

今回も最後までお読みくださり、

             ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください