夜が明けた時、 私に語れる言葉はこれだけでした 第 308 号

 臨床心理士の皆藤章さんは、長年生きる苦しみを

抱えた人たちの声に静かに耳を傾けて

こられました。

 時に死の危機に直面するほどの苦しみを

抱えた人たちもいます。

 皆藤さんはそういう人たちに、どのようにして生きる

希望や勇気を与えてこられてのでしょうか。

────────[今日の注目の人]───

★ 出会いを生かし、ともに関を越える ★

臨床心理士・皆藤 章

───────────────────

 「先生、私に生きていける 言葉をください」

 遠い南米のある地から手紙が届きました。

 途方もない人生の傷みを抱えながら面談に通って

こられていた方からでした。

 制止を振り切り、ある日その方は死出の旅とも

言える決断をしたのです。

 自尊心を剥奪される過酷な生活が綴られた手紙の、

最後にこの言葉が記されていました。

 ゆっくり返事を考えている場合ではない。

 しかし、その方の心に届く言葉が不可欠だ。

 夜通し考えました。

 夜が明けた時、私に語れる言葉はこれだけ

でした。……

※およそ半年後、その方は無事に帰国されました。

 そして、「先生の言葉を毎日、念仏のように

唱えて生きていました」

 とおっしゃっていたといいます。

 皆藤さんの一言が絶望の淵にあった一人の人生を

救ったのです。

 皆藤さんのひと言とはどのようなものだった

のでしょう。

 『致知』2016年6月号  

         特集「関を越える」P54

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

              ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)