天から一本の糸をもらったように感じたんです 第1,002号

 14歳で暴走族の最年少メンバーになる

と、21歳で逮捕されるまで様々な罪

を犯してきたという工藤さん。

 いまでは地元福岡で更生保護施設を

運営し、数多くの子供たちを独り

立ちできるよう指導しています。

 そんな工藤さんの転機となった『蜘蛛

の糸』を想わせる21歳の頃の

あるエピソードとは。

─────────────────

 工藤 良(田川ふれ愛義塾理事長)

─────────────────

 その数年前に少年院に入った時は、

「このままじゃいけん」と思い

つつも、自分の中の見栄が

勝って更生できなかっ

たんですけど、この時は違いました。

 留置場に入ってすぐに、生まれて初めて

罪の重さを自覚し、反省という感情が

生まれたのが自分でも不思議でした。

 そして、それまで自分に手を差し伸べて

くれた先生や警察、母の顔が次々と

浮かんできたんです。

 これが何だったのかいまでも分かりま

せんが、その時留置場の小窓からパア

ッと眩い光が差し込んできて、声

が聞こえてきました。

 「あんたが真面目になったとしても、

あんたが道をつけた人たちは被害

者として残っていくんや」

 自分が更生しようとしている間にも、

私が悪さを教え、暴力団と繋いだ

仲間は悪の道に進み続けている。

 それを教えられたんです。

 いままでまともに仏壇にも手を合わせた

ことのない人間でしたが、正座してその

光に合掌し、「もう一度だけ、チャン

スが与えられるのであれば、自分

だけでなく自分が悪の道に引

き込んだ仲間を、何年かか

っても必ず元のレール

に戻します」と誓っていました。

──神秘的な体験でしたね。

 数日後に離婚届を持って面会に来た

妻に、この体験や天に誓ったこと

をすべて話したところ、離婚

を思い留まってくれました。

 この時、昔教わった芥川龍之介の『蜘蛛

の糸』の話を鮮明に思い返し、主人公

のカンダタと同じように、天から

一本の糸をもらったように感じたんですね。

『致知』2018年5月号【最新号】

     特集「利他に生きる」P48

今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)