失敗にはとことん誠意を尽くす⇒思いがけないプレゼント 第 501号

 YKK社長の猿丸雅之さんは若き日、アメリカに

渡り、ビジネスマンとして様々な経験を

積んでこられました。

 そこでは多くの失敗も経験されたそうです。

────────[今日の注目の人]───

☆ 成功は偶然から 失敗は必然から ☆

猿丸雅之(YKK社長)

───────────────────

 アメリカでは、数え切れないほど失敗もしました。

 当時は、現地での生産体制が十分整って

いなかったこともあり、手配できない

特殊アイテムはお客様の生産計画に

合わせて日本から調達していました。

 ところがある時、こちらの発注ミスでアイテムの

入荷が間に合わず、お客様の生産に穴を開けて

しまったのです。

 単なる納期遅れでは済まず、その生産に関わる

多くの方々の補償問題にも及ぶ大問題です。

 私は事態を一刻も早く収拾させるため、自ら

トラックを運転し、遅れて入荷したアイテム

をフィラデルフィアからニューヨークまで

行ってピックアップしボルチモアまで

運んで納品しました。

 普段、懇意にしていただいていた先方の担当

役員には、鼓膜が破れるかと思うくらい

怒鳴られました。

 しかし驚いたことに、仕事が一段落すると、

その担当役員の方は、同社の革ジャンパー

を私にプレゼントしてくださいました。

 事前にこちらの事務所に連絡を入れ、私の

体のサイズを問い合わせてくださっていた

ことを後から知り、その細やかな

心配りに感激しました。

 ミスはミスとして責める一方で、そのミスを

懸命にリカバーしようとする私の姿勢を

評価してくださったのでした。

 ジャンパーは、いまも大切に保管

してあります。

 特別な能力などない私に、唯一誇れる

ことがあるとすれば、……

※猿丸さんは仕事をする上で常にどのような

ことを心掛けてこられたのでしょうか。

最新号でお読みください。

 『致知』2017年1月号

        連載「私の座右銘」P74

 今年の配信は今日と明日でお終いです。 

今回も最後までお読みくださり、ありがとう

            ございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)