実は米国の驚異的な投資家の厚みに支えられている = 2-2 = 第 1,218号

 火星を目指し、マスクほどのスケール

で人類の未来の物語を語れる人物

はほとんどいない。

 

 マスクはロケット、電池、ロボット、

人工知能、そして脳に至るまで、

知の最先端を横断していく。

 

 本書を書きながら常に頭にあったのは

構想すること、仮説を披露する

ことの力である。

 

 エンジニアとデザインナー。

 

 「彼は驚くほど先端技術に詳しい。技術

者をつかまえては質問責めにし、現場

を改善するための仮説を立てては

また質問するんだ」。

 

 マスクは秘書を連れず、ふらりと工場

に入ってきてエンジニアと長時間

談笑して帰っていった。

 

 エンジニアへの質問責めは多忙な

マスクが最新の知識を効率的に

仕入れるための方法だ。

 

 最先端の生産技術とデザインがマスク

の頭の中で一体となっている。

 

 アイブの伝記の著者リーアンダー・ケイ

ニーは「アイブは設計のヒントを得る

ため自動車の工場にも、高級ピア

ノメーカー、スタインウェイ・

アンド・サンズの工場にも行った。

 

 様々なものの仕組みを理解しデザイン

のヒントにしようとしている。

 

 磁石を使うデザインが多かったが、腕

時計端末では新たな素材として金に

挑戦した」と指摘する。

 

 親ビジネスのトランプと、起業家のマスク

がツイッターを執拗に使い続ける裏

には共通の思想がある。

 

 仲介者を排除し、衆人環視の下で支持者

と直接コミュニケーションし、とに

かく話を早くまとめることだ。

 

 公開環境で交渉を仕掛けることでフォ

ロワーを通じて相手に圧力をかける。

 

 世紀を超える思孝。

 

 一人で巨大なリスクを取っているよう

に見えるマスクだが、実は米国の驚異

的な投資家の厚みに支えられている。

 

 超長期の投資をする異端投資家らだ。

 

 著名投資家のピーター・ティールも

またマスクを支えてきた一人

の異端投資家だ。

 

 ティールは自身のベンチャーキャピタル

「ファウンダーズ・ファンド」を通じ、

マスクの構想を間接支援する

長期投資を手がけてきた。

 

 

 兼松雄一郎『イーロン・マスクの世紀』

  の詳細、amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/2Pnrr9n

 

今回も最後までお読みくださり、

     ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください